FANDOM


くろべ すすむ
黒部 進
Susumu kurobe
本名 吉本 隆志
生年月日 1939年10月22日(77歳)
出生地 Flag of Japan, 富山県黒部市
民族 日本人
血液型 O
ジャンル 俳優
活動期間 1963年 -
活動内容 1962年:東宝ニューフェイス
配偶者 あり
家族 吉本多香美(長女)
主な作品
映画ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟
テレビドラマ
ウルトラマン

黒部 進(くろべ すすむ、1939年10月22日 - )は、日本の俳優。本名:吉本 隆志(よしもと たかし)。富山県黒部市出身、芸名の由来は出身地。『ウルトラマン』のハヤタ隊員役で知られる。『ウルトラマンティガ』レナ隊員役の女優・吉本多香美は長女。アートプロモーション所属。

その他ウルトラマンでの出演編集

ウルトラマンゼアス
一作目では銀行地下室の警備員役で出演。懐中電灯に光を点けるシーンで、ウルトラマンの変身ポーズを意識した演出がなされた。二作目にも出演。ウルトラマンシャドーに立ち向かおうと懐からスプーンを掲げ、間違ったかのような仕草を見せた。(なお、スプーンを掲げるシーンは「ウルトラマン」でもハヤタ隊員がベータカプセルと間違えるエピソードがある。)
ウルトラマンマックス
地球防衛連合の日本支部司令官・トミオカ役で出演し、久々のウルトラシリーズでのレギュラー出演で話題を呼んだ。『ウルトラマン』以来の戦闘機操縦シーンもある。また16話では、カレーライスを食べていたスプーンをベータカプセルよろしく掲げる…と思わせてカレー皿の方を掲げるという、『ウルトラマン』34話のパロディ的シーンもあった(ただし正確には、『ウルトラマン』で食べていたのはカレーではなくハヤシライス)。
ウルトラマンメビウス
ウルトラマンタロウ』以来33年ぶり(声のみの出演を含めると『甦れ!ウルトラマン』以来10年ぶり)にハヤタを演じた。多数のウルトラシリーズOB・OGと共に、主題歌のコーラスにも参加している。
大決戦!超ウルトラ8兄弟
本作でもハヤタを演じた。ティガに出演していた娘・多香美演じるレナとは、この作中では親子の設定(元々の『ウルトラマンティガ』作中でレナの父親を演じたのは荒木しげる)。黒部本人は公開当時のインタビューで「今回がウルトラシリーズに出演する最後のチャンスだと思っている」旨を述べていた。劇中のハヤタの職業が自転車屋なのは、ウルトラマンレオでの本作品で夫婦役を演じた桜井浩子(『ウルトラマン』でのフジ隊員)との共演エピソード「怪獣の恩返し」における職業にちなんでいる。
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
2009年12月12日公開のウルトラ映画最新作。ハヤタを演じる。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

レギュラー出演編集

ゲスト・単発出演編集

オリジナルビデオ編集

著書編集

  • ハヤタとして、父として(1998年、扶桑社刊、ISBN 9784594025564
  • ウルトラ旨い!『愛と正義の大人の食卓』(2001年12月 ワニマガジン社、ISBN 978-4898296691

演じた俳優編集

外部リンク編集

テンプレート:先代次代


Pigmon この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は黒部進にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。