FANDOM


平成ウルトラセブン(へいせい-)とは、平成6年(1994年)3月21日放送の『ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦』から始まる一連のテレビスペシャル及びオリジナルビデオとして、円谷プロダクション、バップ、日本テレビを中心に製作された特撮ドラマ。

解説 編集

本シリーズは『ウルトラセブン』の放送当時の設定である前作『ウルトラマン』とは切り離した世界観の上で展開されたストーリーであり、本シリーズではセブン以外のウルトラ戦士は地球を訪れておらず、セブンが地球を去った後の地球防衛はウルトラ警備隊がずっと担っていたという設定である(ただし『太陽エネルギー作戦』では、設定が曖昧だったためウルトラ警備隊の過去のデータファイルとして『ウルトラマン』から『ウルトラマンタロウ』までの登場宇宙人及び怪獣・超獣が映るシーンがある)。

ウルトラマンレオ』以来のセブン=モロボシ・ダンの約20年ぶりの復活(ただし、本作と『レオ』はパラレルワールド設定)や旧作レギュラー陣の再登場、世代交代したウルトラ警備隊のメンバー等といった話題の多い意欲作であり、『セブン』の強いメッセージ性等は健在である。

製作された作品は以下の通り。(記順は発表順)

各作品の概要は以下の通り。詳細については当該各記事を参照のこと。

シリーズ構成作品の紹介 編集

ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦 編集

日本テレビ系で単発テレビスペシャルとして1994年3月21日放映。

登場する怪獣・宇宙人は以下の通り。

ピット星人(二体)、エレキング(二代目)

ウルトラセブン 地球星人の大地 編集

日本テレビ系で単発テレビスペシャルとして1994年10月10日放映。

登場する怪獣・宇宙人は以下の通り。

メトロン星人(三代目、他二体)、恐竜

ウルトラセブン誕生30周年記念3部作 編集

1998年6月から8月にかけて発売。全3巻。

サブタイトルと登場する怪獣・宇宙人は以下の通り。

  1. 失われた記憶:ヴァリエル星人
  2. 地球より永遠に:ガッツ星人 (二代目)、サルファス
  3. 太陽の背信:バンデラス

ウルトラセブン1999最終章6部作 編集

1999年7月から12月にかけて発売。全6巻。

サブタイトルと登場する怪獣・宇宙人は以下の通り。

  1. 栄光と伝説:ヴァルキューレ星人
  2. 空飛ぶ大鉄塊:ダイテッカイ(大鉄塊)、キュルウ星人、ガロ星人
  3. 果実が熟す日:レモジョ星系人(3体)、ボラジョ、ウインダム
  4. 約束の果て:大龍海(ダイリュウカイ)
  5. 模造された男:キングジョーII
  6. わたしは地球人:ノンマルト、ザバンギ、ウインダムミクラス

ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作 編集

2002年5月から9月にかけて発売。全5巻。

サブタイトルと登場する怪獣・宇宙人は以下の通り。

  1. イノセント (EPISODE:4) :ネオパンドン円盤龍
  2. ダーク・サイド (EPISODE:1) :ペガッサ星人(2代目)、円盤龍
  3. パーフェクト・ワールド (EPISODE:2) :ゴドラ星人(2代目)、円盤龍
  4. ネバーランド (EPISODE:3) :ガルト星人、ネオパンドン、円盤龍
  5. アカシックレコード (EPISODE:5) :ガルト星人、ガイモス、円盤龍
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は平成ウルトラセブンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。