FANDOM


ムカデンダーは、特撮テレビ番組『ウルトラマンタロウ』をはじめとするウルトラシリーズに登場する架空の怪獣。別名:百足怪獣。

『ウルトラマンタロウ』に登場したムカデンダー 編集

特撮テレビ番組『ウルトラマンタロウ』第26話「僕にも怪獣は退治できる!」に登場。

  • 身長:59メートル
  • 体重:4万トン
  • 特殊能力:首と胴体の分離・合体、火を吹く、強力な粘性の糸を吐く等。

紙芝居屋のおやじ(江戸家猫八・演)が昔の大百足の化け物の伝説を語っていたちょうどそのとき、人々の意思が同調し、封印から復活した。一人退治に向かった紙芝居屋を糸で絡めとリ、火炎を吹きつけ重症を負わせた。街に進行したところでタロウと対峙。スワローキックにより首を切断されるが、首と胴体のそれぞれが独立してタロウを苦しめる。しかし、唯一の弱点である頭の触角を破壊され、さらに首を遠方に投げ飛ばされ、胴体が感覚を失いうろたえているところを、首はストリウム光線を撃ち込まれて、胴体はアトミックパンチを叩き込まれて倒された。

『ウルトラマンメビウス』に登場したムカデンダー 編集

特撮テレビ番組『ウルトラマンメビウス』第13話「風のマリナ」、第24話「復活のヤプール」に登場。

  • 体長:59メートル
  • 体重:4万トン

『ウルトラマンタロウ』に登場したムカデンダーの別個体。GUYSのドキュメントZATにデータが記録されている。前個体と同じ様に八幡ヶ岳に出現して人間を襲っていた。普段は地中に潜み、餌を取る時だけ地上に姿を現す。地底移動時には高電圧を発生させ、これによるピエゾ効果で異常な電界を築く為、付近一帯の通信機能は麻痺してしまう(この効果でマリナは怪獣を発見するものの本部に連絡できなかった)。逃がした獲物を待ち伏せするなど、高い知能と執念深い性質を持つ。武器は右手のムチと、口から吐く高熱の火球。長い首と胴体は自由に分離できるが、首がダメージを受けると胴体も苦しむ。空中からのメビュームシュートで胴体を破壊された後も首だけでメビウスを襲うが、ヒカリのナイトシュートで首も破壊された。

第24話ではホログラムとして、ウインダムの性能強化テストの相手役に登場。火球をパワーアップしたウインダムに放つも、ファイヤーウインダムの火炎弾によって容易く破られ、一撃で消え去った。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場したムカデンダー 編集

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第2話「五人目のクルー」に登場。

ゴモラに頭部を切り裂かれ、既に息絶えた個体が発見された。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はムカデンダーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。