FANDOM


ベロクロンは、特撮テレビ番組『ウルトラマンA』、『ウルトラマンタロウ』、『ウルトラマンメビウス』、『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場した架空の怪獣(超獣)。 別名「ミサイル超獣」。 名前の由来については、化学溶液名説と英語のブロークンからの説がある。

『ウルトラマンA』に登場したベロクロン 編集

特撮テレビ番組『ウルトラマンA』第1話「輝け! ウルトラ五兄弟」に登場。

  • 身長:55メートル
  • 体重:4万4440トン

異次元人ヤプールが送り込んだ地球侵略用超獣第1号。ヤプールの超獣製造機で宇宙怪獣と珊瑚が合体した超獣。

手からは金縛り光線及び光弾を放射し、口からは一億度の火炎を吐く。また、全身に見られる突起物はミサイル(ロケット弾)の発射口になっている(口内にも2連装のミサイルランチャーを装備)。更に、舌は強酸性であり、ビルなども易々と変質させる。 まさに「全身武器」の超獣。最初に出現した福山市地球防衛軍の戦闘機隊を全滅させた後、東京に現れて東京タワーを破壊するなど大暴れしたが、口にAのパンチレーザーを受けてミサイルと火炎を封じられ、最後はメタリウム光線で倒された。

原爆ドームを襲撃するシーンがあり、撮影もされたが本放送では削除された。

ベロクロン二世 編集

第48話「ベロクロンの復讐」に登場。

  • 身長・体重:初代と同じ

ベロクロンが女ヤプールに操られて復活した超獣。初代と異なる点は、人間と同じような目(初代ベロクロンの目は赤一色)、尻尾があること、鼻の角から光線を撃てるようになったこと(TACは前回の戦いを研究した上で戦ったが、この新兵器のために全機撃墜された)及び口から泡状の毒液(ベロクロ液)も吐けるようになったこと。Aとはなぜか相撲をしながら戦ったが、最期はAに鼻の角を折られて腹部に刺され絶命。亡骸を宇宙に運ばれた。

  • ベロクロン二世の着ぐるみはオリジナルのベロクロンではなく、マッハレスを改造したもの。デザインは尻尾の有無を除き初代と変わりはないが、体色が黒から緑になり、体型がスマートで若干エラが少なくなっている。また、初代は目が赤かったのに対し、二世には白目と黒目があり、やや柔和な印象の顔つきになった。

『ウルトラマンタロウ』に登場したベロクロン二世 編集

特撮テレビ番組『ウルトラマンタロウ』第30話「逆襲! 怪獣軍団」に登場。

  • 身長・体重:初代と同じ

名称は「改造ベロクロン二世」。ベロクロン二世がさらに強化された超獣。窮地に立たされた改造ベムスターを援護する目的で改造巨大ヤプールが送り込んだ。改造サボテンダーより少し遅れて登場し、改造ベムスター、改造サボテンダーと共にウルトラマンタロウと戦おうとするが、宇宙科学警備隊ZATのスカイホエールの攻撃に阻まれ、タロウと戦うことなくレーザー砲を連続で浴び倒れた。(しかもZATは改造ベロクロン二世の攻撃を一切受けておらず、続けて改造ベムスターにもとどめを刺している)

武器は強化された火炎とミサイルとされているが、設定のみで使われることはなかった。ベロクロン二世と比べると少し太っている。

声はゴルバゴスやマグネドンのものを使用した。

  • 改造サボテンダーとともに第30話のオープニングのテロップには登場しない。


『ウルトラマンメビウス』に登場したベロクロン 編集

特撮テレビ番組『ウルトラマンメビウス』第26話「明日への飛翔」に登場。

  • 身長:55メートル
  • 体重:4万4440トン

異次元人ヤプールの怨念によって蘇った超獣。ドキュメントTACとドキュメントZATに出現記録が残されている(ちなみに『ウルトラマンA』に登場した二体をカウントし、『ウルトラマンタロウ』に登場した改造二世を除けば、これが三代目のベロクロンとなる)。

外見は初代とほぼ同一だが、よく見ると鼻先の角と足の棘が藍色から金色に変わっているのが分かる。全身の赤い突起物から無数の小型ミサイルを、口の中に隠し持った砲門からは強力な大型ミサイルと火炎(火炎も放つという設定にはなっているが、劇中では使用されてない)を放つ。ヤプールの怨念に従い、異次元のゲートを開いて地上に巨大なヤプールエネルギーを解き放つのをサポートするため出現。1度はGUYSのリージョン・リストリクターによって次元の扉を閉じられるも、一発のみ通過したミサイルによってサコミズ隊長に重傷を負わせる。その後GUYSの予想を上回る早さで再出現。ヤプールの大攻勢の第一陣として市街地に向けて進撃した。その圧倒的な火力によってGUYSの戦闘機群を苦しめ、巨大異次元ゲート封印のために飛翔したフェニックスネストも打ち落とそうとしたが、メビウスの妨害で失敗。最期は、ガンフェニックストライカーの「インビンシブル・フェニックス」とメビウスのメビュームシュートの連続攻撃を受けて爆死した。

今回ミサイルはCGで表現され、板野一郎がモーションディレクターを務めているだけに、GUYS各機が一斉発射されたミサイルの大群を回避するシーンは『超時空要塞マクロス』シリーズの空戦シーンを彷彿とさせた。俗に言う、板野サーカスをするには持って来いの超獣だったのだろう。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場したベロクロン 編集

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第11話「ウルトラマン」に登場。

  • 身長:55メートル
  • 体重:4万4440トン

ヴィンセント島の結界を破って上陸しゴモラと対決する。途中ドラゴリーが援軍として現れ、さらにゴモラの援軍としてエレキングも現れたために2対2の戦いに突入。得意のミサイル攻撃でゴモラを追い詰めるが、ZAPの攻撃で口のミサイル発射口を破壊され、最期は超振動波を受けて倒された。

  • 着ぐるみは『ウルトラマンメビウス』で使用された物の流用。
  • オープニングではゴルザと戦っている。

その他の登場作品 編集

  • ウルトラマンフェスティバル2006のライブステージ第2部では、再び地球侵略とウルトラ兄弟抹殺を企むヤプールによって強化された個体が送り込まれる。最初はゾフィーやレオ&アストラ兄弟と戦い、その後は改造エースキラーと共にメビウスを苦しめた。最後はゾフィーとエースの必殺光線で倒される。 

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はベロクロンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。