FANDOM


ブルトンは、特撮テレビ番組『ウルトラマン』『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場する、架空の怪獣。別名「四次元怪獣」。

『ウルトラマン』に登場したブルトン 編集

『ウルトラマン』第17話「無限へのパスポート」(1966年11月6日放送)に登場。

  • 身長:60メートル
  • 体重:6万トン

バローン砂漠で発見された「二つを同じ場所に置くと融合して巨大な生物になる」という二つの隕石が、科学特捜隊の基地で同じ場所に保管されたために融合して誕生した。科特隊の基地を四次元空間で覆い、出動した防衛軍も体表の孔から伸ばしたアンテナ状の四次元繊毛から起こす四次元現象で全滅させた。

奇怪な攻撃でウルトラマンをも苦戦させたが、スペシウム光線の2連発で元の隕石の姿に戻った。そして、ウルトラマンの手で握り潰され宇宙へと運ばれた。

形状は、全体として塊状で、手足がなく、あちこちから火山かクレーターのような突起が出ており、先端の孔からアンテナを出し、それによって四次元現象を起こし攻撃する。色は灰青色と赤に塗り分けられている。

  • スーツアクター:荒垣輝雄(氏を含む三人で動かしていたという説もある)
  • 公表されている初期のデザインから見て、モデルは海産動物で東北の珍味として有名なホヤ、標準和名マボヤである。しかし、成田亨は当初赤1色を念頭に置いていたが、高山良策が造型した際に前述の塗り分けとされたため、心臓をイメージしたとも伝えられる様になった(成田氏による4次元の心臓というコメントもある)。
  • 命名は、シュールレアリストの詩人、アンドレ・ブルトンに因むという。
  • 当初、転がって移動するという設定があったらしい。一応スーツアクターは3人入っており(常に3人入っていた訳ではない模様)、ブルブル震えたりアンテナ(四次元繊毛)を出すなど行っている。なおスーパーファミコンのゲームではこの設定通り転がって攻撃してくる。
  • 本作品より、ホシノ少年が正式に科学特捜隊員として認可される。

『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』に登場したブルトン 編集

PS2ゲーム『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』のウルトラモード(いわゆるストーリーモード)EPISODE 01「新たなる侵略」、EPISODE 07「最強の幻影」に登場。

  • 必殺技:物質機雷化現象、低次元転移現象

「新たなる侵略」では、地球の高層ビル群に突如現れた。そこにウルトラマンが現れ戦闘を開始する。不利と見るや自分の体の回りに空間湾曲を発生させ打撃や光線など一切の物理攻撃を無効にするが、機転を利かせたウルトラマンが空間湾曲ごとブルトンの体を投げると消えてしまい、あえなく消滅してしまった。この際、ウルトラマンが2つの石を握りつぶしていることから、以前と同じように隕石に戻ったものと思われる。このブルトンについて調査隊の隊長は、過去にウルトラマンが倒した個体が何らかの力によって復活したものだと考えた。

「最強の幻影」では夜の空港に再度出現し、すでにウルトラマンガイア (V2) と戦闘を始めていた。これについて調査隊の隊長は怪獣復活のサイクルが早くなっていると推測した。最初から空間湾曲を発生させた状態であり、しかも今度は何度投げても解除されないためガイアの必殺技は一切通用せず、さらに幻影ウルトラマンアグルを出現させて撤退してしまった。本物のウルトラマンアグル (V2) が助けに現れると、ガイアを自らの体内にある四次元空間に引きずり込み倒そうとするが、気力・体力の回復したガイアによって逆に倒されてしまった。その後ガイアは四次元空間を脱出し、幻影アグルを倒したアグルと共に帰還した。

後のエピソードで、メフィラス星人の命を受けたジェロニモンにより復活したものだとわかった。自らの体を高速回転させて体当たりをするなど、過去に現れたときよりも明らかに強力になっている。

  • 「ウルトラマン Fighting Evolution シリーズ」には本作が初登場であり、ポリゴンは新規に作成された。
  • 設定上は『ウルトラマン』に登場したものと同一の個体。ただし、本作の地球は過去にM78星雲出身のウルトラマンだけではなく、ティガガイアコスモスなども訪れたことがある世界観である。
  • 本作の必殺技「低次元転移現象」は「幻覚でブルトン自身を何倍にも巨大に見せ、そのまま転がって圧殺する」という、本来の設定を活かしたものである。

幻影ウルトラマンアグル 編集

EPISODE 07「最強の幻影」に登場。

  • 必殺技:カウンターアグルセイバー、フォトンクラッシャー、フォトンスクリュー

ブルトンとの戦闘中、ガイアは本物のアグルが助けに来てくれたものと勘違いし安心していたが、実はブルトンがウルトラマンガイアの記憶を元に出現させた幻影であり、ガイアを背後からアグルセイバーで襲った。ブルトン戦で披露していたガイアの必殺技は一切通用せず、力尽きたところに止めを刺そうとするが、駆けつけた本物のアグルによって阻止され、そのままアグルに敗れ消滅した。

  • ポリゴンはウルトラマンアグルV2の流用。元々は『ウルトラマン Fighting Evolution 3』で作成されたものである。
  • ウルトラマンガイア』に登場した幻影ウルトラマンアグルは旧アグルの姿で、本物との外見上の違いはないが、こちらの幻影アグルはV2の姿であり、眼は青い。
  • ウルトラモードのみの登場でプレイヤーは操作できないと云われていたが、VS及びバトルモードにも登場する。VSモードでは、COM及び2Pでウルトラマンアグルを選択すると、登場する。バトルモードでは、ウルトラマンコスモス及びガイア、カオスロイドU,T,Sで挑戦すると登場する。VS及びバトルモードで、コスモスのフルムーンレクトで止めをさすと、幻影故か、タイラント系、カオスロイド系、ネオカオスダークネスの様に消滅する

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場したブルトン 編集

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第7話「怪獣を呼ぶ石」に登場。

  • 身長:60メートル
  • 体重:6万トン

惑星ボリスに隕石として落下し、ボリスを怪獣無法惑星に変えてしまった元凶。穴から出る触角から、ペンドラゴンが墜落した原因である時空エネルギーも発していた。地中から突如現れペンドラゴンに襲い掛かり、ゴモラにはレッドキングテレスドンネロンガを呼び寄せて戦わせた。リトラの火球を受けても平然としていたが、テレスドンの火炎で触覚を焼き切られ、時空エネルギーが途絶えたことで機能回復したペンドラゴンのワイバーンミサイルを受けて倒された。ウルトラマン以来、映像作品に再登場したのは初となった。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はブルトン (ウルトラ怪獣)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。