FANDOM


ノーバは、特撮テレビ番組『ウルトラマンレオ』、『ウルトラマンメビウス』、『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場した架空の怪獣(円盤生物)。


注意:以降の記述には物語・作品・登場人物に関するネタバレが含まれます。免責事項もお読みください。


『ウルトラマンレオ』に登場したノーバ 編集

第49話「死を呼ぶ赤い暗殺者!」に登場。

  • 身長:0.1~57メートル
  • 体重:20グラム~1万トン

テルテル坊主のような姿をした凶悪な性質を持つ円盤生物第10号。円盤形態で流れ星に紛れて地球に侵入し、小型化して白いテルテル坊主になって公園に潜伏した後、赤いテルテル坊主になって家族がいない事を悲しみ虚ろな気持ちになっていたトオルに取り憑いて家族の幻を見せながら自分を運ばせ、街中に赤いガスを撒き散らした。このガスを浴びた人間は首に赤い鎖が巻きついて凶暴化し、誰彼構わず襲い掛かってしまう。その後、赤い煙と共に巨大化して防衛軍を撃退する。武器は前述の赤い発狂ガスと目からの破壊光線、両手に備えた鞭と鎌。レオが出現すると辺りに血のような真っ赤な雨を降らせ、レオの目とカラータイマー以外が全て真っ赤という異様な空間を作り出した。独特の威圧感でレオに詰め寄るが、シューティングビームで足止めされたところにエネルギー光球を受けて爆発し、赤い空間と共に消えた。

  • その造型から番組後半の予算不足を象徴していると揶揄される事も多いが、かえってそのシンプルな造型や赤一色という配色、テルテル坊主というモチーフ、無表情、作中での行動などから、視聴者に底知れぬ恐怖感を与えた怪獣でもあり、シルバーブルーメとともに円盤生物の不気味さを象徴する怪獣としても挙げられる事も多い。

『ウルトラマンメビウス』に登場したノーバ 編集

第28話「コノミの宝物」に登場。

  • 体長:10センチ - 57メートル
  • 体重:20グラム - 1万トン

『ウルトラマンレオ』に登場した円盤生物ノーバの別個体。MAC壊滅後に出現した怪獣として、GUYSの「アウト・オブ・ドキュメント」(防衛チームが存在しない時代)にデータが記録されている。

右手の鞭や左手の鎌、さらに口から吐く火球や赤い毒ガスといった豊富な武器を持ち、また体を回転させて飛行する円盤形態ではマント状のヒレで敵に切りつけることも出来る。『レオ』に登場した個体と異なり戦闘中に自在に円盤形態へ変形し俊敏に離脱したが、その他の面では毒ガスに発狂能力がないなどレベルダウンしている部分も有る(放った個体がマケットノーバであったためかもしれない)。GUYS基地周辺でリムエレキングを構成する分子ミストを集め続け、マケット怪獣と同じ原理で作り出したマケットノーバを使い(基地周辺に出現したものは「赤い幽霊」として噂になった)、メビウスやGUYSをおびき寄せている隙にGUYS本部を襲撃した。その後瞬間移動してきたメビウスに追いつかれるも、その瞬間移動で消耗したメビウスを追いつめる狙いを見事的中させた知能犯でもある。最後はコノミが操るミクラスの援護によって窮地から脱出したメビウスのメビュームシュートによって倒された。

この別個体のノーバも何者かに送り込まれたものと推測されるが、劇中明言はされていない。

マケットノーバ 編集

第28話「コノミの宝物」に登場。

ノーバがリムエレキングを構成する分子ミストを奪って作り出した囮。GUYS本部から離れた郊外に突如出現しメビウスと戦闘した後に消えてしまった。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場したノーバ 編集

第10話「予期せぬ再会」に登場。

  • 体長:57メートル
  • 体重:1万トン

グランケープ補給基地へと着陸しようとしたペンドラゴンをその触手でつかまえようとした。サラマンドラルナチクスとともに基地を襲撃したが、ゴモラの超振動波で倒された。

  • 着ぐるみは『ウルトラマンメビウス』で使用された物の流用。

PDウルトラマンバトルコレクション64』に登場したノーバ 編集

  • 円盤生物として唯一今作に登場。
  • 「破壊光線」のほか「しびれムチ」という電撃技を覚えることが出来る。


関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は項目名にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。