FANDOM


ゼットン星人(ゼットンせいじん)は、円谷プロダクションが製作した特撮テレビ番組ウルトラマン』『ウルトラマンマックス』に登場した架空の宇宙人。別名「変身怪人」。

『ウルトラマン』に登場したゼットン星人 編集

『ウルトラマン』最終回「さらばウルトラマン」に登場。

  • 身長:2メートル
  • 体重:60キログラム

ゼットンを操る宇宙人。そのためにゼットン星人と呼ばれているが、あくまで便宜上の呼び名であって、出身地など一切が不明の謎の宇宙人。ただ、ケムール人と同じく肉体は滅びかけた種族である。劇中で岩本博士により「1930年代から約40年に渡る円盤の飛来は彼ら( = ゼットン星人)の地球偵察だった」「地球侵略のための準備が整ったと判断した彼らは大円盤部隊を動員して地球征服の最大の障害である科学特捜隊日本支部とウルトラマンの抹殺を行うべく日本に侵攻した」と推測されている。

科学特捜隊によって、大型母船を除くほぼ全ての円盤部隊は撃墜されるが、ゼットン星人の中の一人が科特隊日本支部の基地内へすでに潜入しており、岩本博士に変身し、基地の破壊に成功した。しかし、まもなく帰還した科特隊員に捕捉され正体を現したためマルス133で銃撃され、「ゼットン」の断末魔の叫びとともにその姿を消滅させた。

劇中で「ゼットン星人」と名乗っていたわけではない。ケムール人とは外見が酷似しているが目の位置(ケムール人は正面から見て2つ、ゼットン星人は1つとマスクの被り方を少しずらしている)や、手の形状などが違っており、別の星人として描かれていたのが分かる。その後、本放送終了後に円谷プロダクションから発行された、地方局向けのパンフレットにおいてはじめてこの名称が使用された。

なお、金城哲夫によるノベライズ「絵物語ウルトラマン」においては「謎の宇宙人」としか呼ばれておらず、メフィラス星人の招集した、宇宙人達の中でひっそりと「ゼットンよ早く育て‥」と呟いていた。

『ウルトラマンマックス』に登場したゼットン星人 編集

ウルトラマンマックス』第13話「ゼットンの娘」、第14話「恋するキングジョー」に登場。

  • 身長:ミクロ~1.9メートル
  • 体重:ミクロ~135キログラム

スタイルは初代を踏襲しているが、一つ目で上忍を思わせる衣装を着ている。1万年前に地球にやってきて「ゼットン・ナノ遺伝子を人類に組み込んだ」と発言していた。その遺伝子が発現した女性・夏海を「娘」と呼び、くのいちスタイルのとして操る。ミクロ化も可能という設定である。 第13話ではゼットンを、第14話ではキングジョーを地球に送り込んだ。最期はカイトのはげましで己を取り戻した夏海に斬られ、消滅した。

なお、これまで雑誌媒体でしかその名前が紹介されていなかったこの宇宙人が、作品内で正式に「ゼットン星人」と呼ばれたのはこの『マックス』が初めてである。ゼットン星人の異名は「変身怪人」であるが、これはウルトラマンに登場したゼットン星人が岩本博士に変身していたことによるもので、本作でのゼットン星人は誰かに変身していた訳ではない為、異名と特徴が一致していない。

  • 声:堀之紀(音声加工されている)

ライブステージに登場したゼットン星人 編集

『ウルトラマンライブステージ2・宇宙恐竜最強進化!』 編集

幼少のゼットン星人が登場。クローンゼットンを進化させる鍵となる。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はゼットン星人にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。