FANDOM


スーパーガンは、

  1. 特撮テレビドラマウルトラマン』に登場する架空の銃。後述。
  2. 漫画アニメサイボーグ009』に登場する架空の銃。後述。
  3. 多薬室方式の超長射程砲(いわゆるムカデ砲)の別名。後述。
  4. 1972年に公開されたアメリカ映画・監督はロバート・ハートフォード・デイヴィス

『ウルトラマン』に登場する物 編集

科学特捜隊員が腰のホルスターに入れて携帯する小型レーザー光線銃。収納されている状態では銃身が出ていないが、安全装置を外すと銃身が飛び出して射撃可能となる。

第37話では3丁のスーパーガンを合わせて撃つトリプルショットでテレスドン(二代目)を倒した。アタッチメントとして装着される特殊弾も多く、ゴモラに使われたUNG麻酔弾、スカイドンに使われた新型麻酔弾、ゼットンに使われた無重力弾(劇中での呼称、文献では「ペンシル爆弾」とされることが多い)がある。またジェロニモンドラコに使われたスパーク8も独立した火器ではなくスーパーガンに装着して使う。

『サイボーグ009』に登場する物 編集

001を除くゼロゼロナンバーサイボーグが所持する小型銃。004と006の身体に埋め込まれているものを除けば、サイボーグ戦士が使う唯一の武器。その能力は、初回登場時(いわゆる「誕生編」)に「熱線銃」「ガス銃」「ふつうの連発式のピストル」の3つの力があるという記述があるが、異なる設定では「熱線銃」「行動まひ銃」「完全はかい光線」の3つとなっているなど、一定ではない。平成版アニメでは、「エネルギーマグナム」「フリーザーショット」「レイガン(光線銃)」「パラライザー(麻酔銃)」などの様々な用途に使われる万能銃として描写される。

多薬室砲 編集

詳細は多薬室砲を参照

一般の大砲とは違って多段式の薬室(装薬の燃焼室)を持ち、通過中の弾体にあわせて砲の途中途中に設けられた薬室(ムカデの足のように、砲側面に設けられている)で装薬を燃焼させ、弾体を加速させるという構造を持つ砲(多薬室砲)をスーパーガンと呼ぶことがある。

多薬室砲はナチス・ドイツでも研究されていたが、実用化されるには至らなかった。その後、1960年代より宇宙工学者のジェラルド・ブルはこれをマスドライバーの有力候補に挙げて研究を始めたが、資金面で行き詰まった。

後にイラクサッダーム・フセイン(元大統領)が援助を持ち掛け1988年に正式契約して研究を続けた。ジャバル・ハムリンに建設された物は砲身全長50m、口径350mmで最大射程距離は実に700kmと推定され、記録史上最も巨大な砲とされている。後にイラクがこれらの技術を使って口径1mでスカッドミサイルの射程距離を飛躍的に伸ばす通称「スーパーガン(前記の50m砲を含む・一種の識別コード)」を建造していた。

だがMI6等の各国諜報機関が、素性を隠して発注されたこれら部品群の存在をキャッチし、1990年4月にはこれら部品群の輸送が停止されている。なお開発者のブルは、部品輸出停止の3週間前にブリュッセルの自宅で何者かに殺害されているのが発見されており、事件の真相は未だ謎である。なお同砲は大量破壊兵器の疑いを受け湾岸戦争以降に調査された。

関連項目 編集

  • さいとうたかをゴルゴ13
    • 第364話「アム・シャラーの砲身」にて同砲をモチーフにした巨大砲の破壊依頼を扱っている。
  • 谷甲州『蒼穹の軌道爆撃隊』
  • ブラック・プロジェクト/アメリカを震撼させた男(1994年
    • 同砲にまつわる事件をモチーフに映画化したもの。ただし実史には基いていない。原題は『Doomsday Gun』。
  • フレデリック・フォーサイス『神の拳』
    • イラクの同砲(バビロン計画)をモチーフとした小説。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はスーパーガンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。