FANDOM


ジャミラは、特撮テレビ番組ウルトラマン』及び『ウルトラマンパワード』に登場した架空の怪獣。別名「棲星怪獣」。

『ウルトラマン』に登場したジャミラ 編集

第23話「故郷は地球」(1966年12月18日放送)に登場。

  • 身長:50メートル
  • 体重:1万トン
  • スーツアクター:荒垣輝雄

以前は宇宙開発競争の時代に某国が打ち上げたロケットに乗っていた宇宙飛行士「ジャミラ」であり、正真正銘の地球人であった。事故によって水のない惑星に墜落し、救助を待つうちに体が変異し、醜い怪獣の姿となってしまった。母国が国際批判を恐れて事実を隠蔽したために見捨てられたことを恨み、宇宙船を修理して地球に帰ってきた。地球に帰ってきた後は、見えない宇宙船に乗って要人を乗せた旅客機を墜落させた。

武器は口から吐く高熱火炎(100万度)。

水のない星に長くいたせいか皮膚が粘土質に変化しており、そのため炎に強いが、皮肉にもずっと欲していた水が最大の弱点となってしまったという性質をもつ。科学特捜隊による人工降雨弾攻撃は耐えたものの、ウルトラマンのウルトラ水流によって絶命する。その断末魔は、這い蹲って万国旗を潰し、赤ん坊の泣き声に似た悲痛なものであった。科学特捜隊は、かつての人間を殺したことに晴れない疑念を持ったまま、彼を埋葬した。

  • ジャミラの名はアルジェリアの独立運動家ジャミラ・ブーパシャに由来する。
  • 断末魔の悲鳴は、赤ん坊の泣き声を加工したもの。
  • 特徴的な外見は衣服の丸首の部分を頭まで被る事によって子供に真似される事がある(ジャミラ被り)。
  • 番組終盤に一瞬写る墓碑銘の記載によれば、ジャミラの年齢は1960年1993年(没年)である。また、墓碑銘の記載の文字はフランス語で、これは、ジャミラの名前の由来であるジャミラ・ブーパシャと関係されていると思われる。
  • ウルトラマンメビウス』における資料の一部では、GUYSの保有するアーカイブドキュメント(ドキュメントSSSP)中のジャミラに関する記録が大幅に削除されていることを臭わせる記述がある。これが人道的な配慮からなのか、某国の圧力によるものなのかは不明である。

『ウルトラマンパワード』に登場したジャミラ 編集

第6話「宇宙からの帰還」(米国版サブタイトル:A FATHER'S LOVE「父の愛」)に登場。

  • 身長:1.8〜60メートル
  • 体重:80キログラム〜1万8千トン
  • 吹き替え:辻親八(ジャミラ・ミラー)

木星探査船の宇宙飛行士、ジャミラ・ミラー空軍少佐が宇宙で青い光に接触し怪獣化したもの。元々人間であった事を象徴するかのように宇宙服を着たままの体をしていて、鳴き声も異なる。そのため『ウルトラマン』に出てきたジャミラとはかけ離れたイメージをしているが体形などは忠実に再現している。

「人間の心を失ってしまう前に娘のカレンに生きて再会したい」という強い思いで地球に帰還。人間の心が残っている間は人間の姿を保っていられたが、段々と青い光に心と身体を乗っ取られていき、怪獣へと変貌していった。

そして最終的には、自分を軍事利用しようと目論みカレンを捕獲した国家保安局への憎悪と怒りから完全に怪獣と化したが、カレンの必死の訴えで人間の心を取り戻し、このまま怪獣として生きる事に耐えられなくなったジャミラはパワードに自分を殺してくれるよう頼み、メガ・スペシウム光線を自ら浴びて死亡。その悲劇的な生涯に幕を閉じた。このとき、パワードも仕方なくメガ・スペシウム光線を撃つなど、本人の意思とはいえジャミラ本人の境遇に憐憫の感情を持っていたことを伺わせた。 なお、青い玉からは大量のチタンを含む以外の詳細は不明であった。

  • 尚デザイン画では体表にヒビが入っていた。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はジャミラにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。