FANDOM


ジェロニモンは、特撮テレビ番組ウルトラマン』に登場する、架空の怪獣。別名「怪獣酋長」。

『ウルトラマン』に登場したジェロニモン 編集

第37話「小さな英雄」に登場。

  • 身長:40メートル
  • 体重:3万トン

怪獣たちのボス的な存在だったようで、怪獣を蘇生させる超能力を持つ。今までウルトラマン科学特捜隊に倒された60匹の怪獣を甦らせ、人間に総攻撃をかけようとした。しかし、実際に甦ったのはテレスドンドラコピグモンのみで、さらにピグモンが人間側に味方し、ジェロニモンの目論見を科特隊に知らせたために60匹全ての蘇生には失敗した。他の2匹を科特隊に倒されたところで大岩山から現れた。

頭と背中と尻尾に生えた羽根を手裏剣のように脳波で操って飛ばして敵に突き刺し、口からはガス状の無重力光線を吐いて攻撃する。ウルトラマンに生えている羽を全て抜かれ、逆上して浴びせた無重力光線をバリアーで跳ね返されて自身が空中に持ち上がってしまい、ウルトラマンに抱え上げられて、最期はイデ隊員の新兵器「スパーク8」で倒された。

  • スーツアクター:荒垣輝雄
  • 名前の由来はアパッチ族のグループ指導者の一人ジェロニモから。ただし、ジェロニモは通俗的に「酋長」の意味で使われることもあり、こちらの方が意味合いとしては近い。
  • 科学特捜隊側のエピソードとしてはこの回冒頭から、イデ隊員が自らの発明する武器に限界を感じ、「ウルトラマンさえいればいい」などと自暴自棄に陥っており、戦闘にもまったく参加せず、ドラコの出現に際しピグモンが身代わりとなって絶命、直後にハヤタに叱り諌められ、平手打ちをくらって目が覚めるというエピソードになっており、ジェロニモンへのとどめが彼の発明品でついているのはこのためである。
  • 当初のシナリオでは、甦らせる怪獣はレッドキングゴモラの予定だったというが、何らかの事情(おそらく着ぐるみの都合と推測される)でレッドキングはドラコに、ゴモラはテレスドンに変更されてしまった。
  • 放映当時は宇宙怪獣であるという設定があった(1970年代の時点では既に地底怪獣として掲載されている)。また、金城哲夫のノベライズ『怪獣絵物語ウルトラマン』では、ジェロニモンの黒幕はメフィラス星人を中心とする宇宙人達だったとされており、ジェロニモン自身も、宇宙人の一人が母星から連れて来た怪獣ということになっている。

『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』に登場したジェロニモン 編集

ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』のウルトラモード(いわゆるストーリーモード)EPISODE 09「怪獣酋長の眠り」に登場。

  • 必殺技:念力無重力落とし、フェザーショット

「怪獣酋長の眠り」では、無数の怪獣が眠っている怪獣墓場のような雪原地帯にて他の怪獣と共に氷柱の中で眠っていた。ウルトラマンに見つけられると氷柱の中から念力による気弾を撃ち、退けようとするが、それが不可能とわかると氷柱から出て直接対峙した。その超能力は以前「スパーク8」で倒された時よりも明らかに強くなっているが、自身の体の復活はまだ不完全であり、戦闘中に苦しみ始めた。しかし、撤退するよりも自らの命を削ってでも戦うことを選び、赤いオーラを出した決死の全力状態で戦うが、ウルトラマンに敗れて息絶えた。

実はこれまで現れた再生怪獣(ブルトン、ゴモラ、レッドキング、エレキングキリエロイドタイラントワロガカオスヘッダー)を蘇らせた張本人である。後にメフィラス星人の指示で行っていたことが分かった。

  • ウルトラマン Fighting Evolutionシリーズ」には本作が初登場であり、ポリゴンは新規に作成された。
  • 設定上は『ウルトラマン』に登場したものと同一の個体。ただし、本作の地球は過去にM78星雲出身のウルトラマンだけではなく、ティガガイアコスモスなども訪れたことがある世界観である。
  • 全力状態はウルトラモードのみの登場でプレイヤーは操作できない。
  • EPISODE 08「進化の果てに」、EPISODE 11「コスモス絶体絶命!」に登場する改造タイラントの意匠にはジェロニモンの羽飾りが含まれている。

『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』に登場したジェロニモン 編集

データカードダス大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』のストーリーモード第1部・第3話「ジェロニモンの恐怖」に登場。

  • 必殺技:フェザーショット、無重力光線、怪獣蘇生

元々ブルトンらと手を組んで暗躍していたらしく、主人公の少年に倒された超コッヴレイキュバスを蘇らせるため大阪城に現れた。2匹を復活させて自らも戦うが、最終的に主人公の少年に倒されてしまった。

  • ポリゴンは『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』の流用。
  • ウルトラ怪獣シリーズ」の2007年新シリーズ用ソフビは本作と連動した新規造形である。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はジェロニモンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。