FANDOM


ザンボラー特撮テレビ番組ウルトラマン』及び『ウルトラマンパワード』に登場した架空の怪獣。別名「灼熱怪獣」。

『ウルトラマン』に登場したザンボラー 編集

『ウルトラマン』第32話「果てしなき逆襲」(1967年2月19日放送)に登場。

  • 身長:40メートル
  • 体重:2万トン
  • スーツアクター:鈴木邦夫

鎌倉近郊に突如出現した怪獣。高温で赤く光り輝く背びれを有する4足獣。最大の武器は、頭部、背中の突起から出す熱光線。発射方法が特殊で、赤い閃光と共に発射する。瞬時に相手に当たる為、光線自体は視認出来ない。当たったものは瞬時に爆発、炎上する。これによって山火事を起こしたり山中にあった化学工場を破壊し、出動したM4中戦車を数台炎上させた。ただし一定の距離がないと炎上しないのか、科特隊ハヤタ・パティ・イデ隊員は気を失う程度で済んでいた。あまりにも体温が高すぎる(10万度)ために、科学特捜隊の冷凍弾すら有効な手段とはなりえない。ウルトラマンにも熱光線を浴びせ、一時は優勢に立ったが、最期はスペシウム光線で倒された。

『ウルトラマンパワード』に登場したザンボラー 編集

『ウルトラマンパワード』第7話「灼熱の復讐」(米国版サブタイトル:FIRES BELOW)に登場。

  • 身長:87メートル
  • 体重:5万トン

人間の自然破壊に怒って出現したとされる山脈のように巨大な怪獣。緑色のボディと赤い角や背びれはまさに山火事を彷彿させるもので、500度を超す自身の体温により周囲を自然発火させて炎に包み、高温で周辺の大気が屈折する為に衛星レーザーも歪み、メガ・スペシウム光線すら跳ね返してしまうなど、いかなる攻撃をも寄せ付けなかった。パワードが祈るようにテレパシーを送ることによって説得され、パワードと戦うことなく何処かへと立ち去った。

  • 巨大な着ぐるみは二人のスーツアクターによって演じられていた。
  • パワードがテレパシーを送るポーズが祈るような姿なのは日本人向けである点をスタッフが考慮した為とみられる(『ウルトラマングレート』でも同様の意図とみられる、リュグローにお辞儀をするシーンがある)。結果的に「必殺技が通用しなかったために拝み倒して帰ってもらった」として一部のファンの間で話題になった。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はザンボラーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。