FANDOM


サボテンダーは、特撮テレビ番組『ウルトラマンA』及び『ウルトラマンタロウ』に登場する架空の怪獣(超獣)。別名「サボテン超獣」。

『ウルトラマンA』に登場したサボテンダー 編集

『ウルトラマンA』第12話「サボテン地獄の赤い花」に登場。

  • 身長:60メートル
  • 体重:5万トン

異次元人ヤプールが送り込んだ地球侵略用超獣の第12号で、超獣製造機で合成されたハリネズミサボテンの合体生物。 全身のトゲをミサイルとして発射、長い舌で相手を捕らえる他、溶解性の霧を吐くなどの攻撃手段を持つ。

初めに出現した際にはウルトラマンAに退治されそうになるが、小さなサボテンへと姿を変えて逃れ、サボテン売りの露店に紛れ込む。頭頂部の花で虫を補食していたところをサボテン売り親父の息子・三郎少年が発見し、三郎は「サブロテン」と命名して学校で見せびらかすなどしていたが、サボテンダーは夜間に飼育小屋の鶏や巡回の用務員までもその食料とし、徐々にエネルギーを蓄えていった。

ドライブ中の若いカップルを捕食したところでTACによって捕獲されたが、地上で破壊すると超獣として復活する危険があるとの判断から、宇宙に運んだ上でスペースミサイルによる破壊が試みられた。しかしサボテンダーはそのエネルギーすら吸収してしまい、一気に力を付け復活してしまう。

トゲや舌でAを苦しめるが、球形のサボテン状に変形し体当たりを仕掛けたところをAに投げ飛ばされ、サーキュラーギロチンで身体を分断され倒された。

『ウルトラマンタロウ』に登場したサボテンダー 編集

『ウルトラマンタロウ』第30話「逆襲! 怪獣軍団」に登場。

名称は「改造サボテンダー」。『A』に登場したサボテンダーを強化した超獣。危機に陥った改造ベムスターを援護すべく、改造巨大ヤプールによって改造ベロクロン二世より前に送り込まれた。武器は『A』登場時と同じだが、劇中では全身のトゲと手での攻撃しか攻撃していない。最期は怪獣軍団の末路を決めたかのごとく彼等の中で一番最初にタロウと戦った。そしてしばらく格闘戦を繰り広げ、最後はストリウム光線で倒された。

サボテンダーはスマートな体型だったが、改造サボテンダーは改造されたこともあってか太めな体型であった。

  • 第30話のオープニングのテロップにはなぜか改造ベロクロン二世ともども登場していない。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はサボテンダー (ウルトラ怪獣)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。