FANDOM


ケムラーは、特撮テレビ番組『ウルトラマン』をはじめとした「ウルトラシリーズ」に登場する、架空の怪獣。別名「毒ガス怪獣」。

『ウルトラマン』に登場したケムラー 編集

特撮テレビ番組『ウルトラマン』第21話「噴煙突破せよ」(1966年12月4日放送)に登場。

  • 身長:35メートル
  • 体重:1万トン
  • スーツアクター:鈴木邦夫

死火山だと思われていた大武山より火山活動の再開により突如出現した怪獣。外観から爬虫類と考えられ、同様の外耳がない耳をもつ。背面の甲羅は威嚇時に展開し、内側の極彩色のインディアンメイクに似た部分を盾の様に見せる。最大の武器は口から発光と共に吐き出す猛毒ガス(通称:ダークセント)。その成分は火山ガスと同じ濃度の高い亜硫酸ガスである。また、サソリの様な尻尾から二条の破壊光線を発射する。見た目以上に強敵で、スペシウム光線が効かないほどの強靭な皮膚を持つ。弱点は展開する甲羅に隠れた心臓で、最期はここを科学特捜隊にマッド・バズーカで攻撃され、自ら火山の中に入り爆発した。

  • 当初は下顎が左右二つに分かれるように開く予定だった。着ぐるみの下顎にある割れ目はその名残である。
  • 名前の由来はから。
  • 初めての出現シーンで『ウルトラQ』のテーマ曲が使用されている。

『ウルトラマンパワード』に登場したケムラー 編集

特撮テレビ番組『ウルトラマンパワード』第2話「その名はウルトラマン」(米国版サブタイトル:CATCH A KEMURA BY THTAIL)に登場。

  • 体長:85メートル
  • 体重:3万トン

山中に出現した、過去に出現した記録を持つ毒ガス怪獣。毒ガス(ストーリーでは高濃度の亜硫酸ガス)は口からではなく尾の先から噴射し、長い舌で獲物を捕獲する点が旧作と異なる。外観は初代よりも爬虫類に近く、顔つきも非常に凶悪な雰囲気である(カイ曰く「イグアナの化け物」)が、初代同様威嚇時に甲羅を展開し、弱点などは同じであった(心臓ではなくに変更)。「27年前にアジアで大暴れした記録が残っている」という台詞からも、旧作と世界観がつながっていることが窺える。パワードと戦い、パワードに背中の殻を無理やり開かれたところをストライクビートルに攻撃されて倒された。ちなみに毒ガスの名前は、ブラッドガスという。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はケムラーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。