FANDOM


キーラは、特撮テレビ番組『ウルトラマン』に登場した架空の怪獣である。別名「光熱怪獣」。

『ウルトラマン』に登場したキーラ 編集

『ウルトラマン』第38話「宇宙船救助命令」 (1967年4月2日放送)に登場。

  • 身長:40メートル
  • 体重:2万トン
  • スーツアクター:中島春雄

太陽系に存在する謎の惑星Q星に棲んでいる、光り輝く巨大な双眼を有する、硬質な皮膚に覆われた宇宙怪獣。科学特捜隊がBMヒューズの回収に来た時には同じQ星に棲む怪獣サイゴと戦っていた。最大の武器は目から発する強烈な閃光で、見た者の目を一時的に見えなくしてしまう。パワーではサイゴには劣るが、なかなかの実力を誇る強敵で、ウルトラマンの八つ裂き光輪を尻尾ではじき返し、スペシウム光線にも耐える強敵だったが、ウルトラエアキャッチの発展版ウルトラサイコキネシスによって宇宙の彼方に放り出され大爆発した。『ウルトラマン』という作品内において、ウルトラマンが最後に倒した怪獣である。

  • 着ぐるみは後に改造が施され『ウルトラファイト』のキーラーとして復活することになる。

『ウルトラファイト』に登場したキーラ (キーラー) 編集

『ウルトラファイト』第151話「熱い子守唄」、第154話「狂熱のバラード」、第156話「俺の名はキーラー」、第158話「握手は終った」他に登場。キーラでなくキーラーと呼ばれた。ゴーロンとは旧知の仲である。時に雪山でゴーゴーダンスをたしなみ、また自分の名前や不意に飛んできた三度笠に異常な執着を見せた。殴られても蹴られても、とりつかれたようにリンゴをかじり続けた事もある。戦いの時には剣(木刀)や手斧を愛用する。特に剣を手に見せる居合いの技は他の怪獣を寄せ付けない。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はキーラ (ウルトラ怪獣)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。