FANDOM


ウーは、特撮テレビシリーズ「ウルトラシリーズ」に登場した伝説怪獣である。その名前の由来は、糸芭蕉の繊維の事を、沖縄方言で「ヲゥー(発音上の表記)」と呼ぶことに由来する。

『ウルトラマン』に登場したウー 編集

ウルトラマン』第30話「まぼろしの雪山」(1967年2月5日放送)に登場。

  • 身長:40メートル
  • 体重:なし
  • スーツアクター:鈴木邦夫

全身長白毛の雪男的怪獣。飯田山の麓の村に住む、孤児のゆき(雪ん子)が村人から迫害を受け、助けを呼ぶ声と共に彼女を救うべく現れた。雪ん子の危機を救うために現れるため、行き倒れになった雪ん子の母親の化身ではないかと云われる。また、当地では伝承で知られる存在であった模様。必ず吹雪と共に現れ、また怪獣出現の事実が観光客を遠ざけた為、スキー場による観光収入で経済を成り立たせている当地にとっては死活問題であり、ついに科学特捜隊及びウルトラマンの攻撃を受けることとなる。雪ん子が濡れ衣で村人に追われた際には激怒してスキー場の施設を破壊していたが、その最中に雪ん子が力尽きてしまうと、彼女のウーを呼ぶ声とともに飯田山に姿を消してしまう。

  • 着ぐるみ造形はエキスプロによる。

『ウルトラマンA』に登場したウー 編集

ウルトラマンA』第42話「神秘! 怪獣ウーの復活」に登場。

  • 身長:57メートル
  • 体重:なし

『ウルトラマン』に登場したウーとの関係はないが、2回目の登場のため二代目とつけられる。アイスロンに襲われて死んだ良平の魂が娘を守るためにウーとなった。初代と比べると少し太っており、男性の化身のため男性的な姿をしている。アイスロンと戦うが敗北した。Aと闘うことはなかった。Aがアイスロンを倒し、娘の無事を見届けると雪山の奥へと消えていった。

『ウルトラファイト』に登場したウー 編集

ウルトラファイト』「大峡谷の決闘!」「悪鬼ウーの狂乱!」「まぼろし怪獣ウー参上」他に登場。

『ウルトラマン』に登場したウーとは異なり、喧嘩屋の異名を取るほど凶暴な性格。しかし時には髪(体毛?)に花を飾る愛らしさを見せ、またある時はひたすらリンゴをむさぼるキーラーの姿を目の当たりにして言いしれぬ悲しみを覚え、自らもリンゴをかじった。ことキーラーとは何かと縁があるようで、互いに雪山でゴーゴーダンスをたしなんだこともあれば、盲目の両者が土手の通行で揉めた事もある。「歯車くずし」という回転チョップの必殺技を持つ。

『ウルトラスーパーファイト』に登場したウー 編集

ビデオ『ウルトラスーパーファイト』第15話「怪獣の師弟愛」に登場。

『レッドマン』に登場したウー 編集

レッドマン』19話でカネゴン、20、21話でゴモラ、22話でメフィラス星人と組み、レッドマンに挑むがいずれも敗れた。64話と72話は単独で戦っているが、これも敗れた。

『チビラくん』に登場したウー 編集

特撮テレビ番組『チビラくん』第74話に、チビラくんの住むカイジュウ町の住人としてバルタン星人エレキングイカルス星人とともに登場した。

その他 編集

  • ウルトラマンは企画段階でウーという宇宙人という設定であったが、このことについては、WOOを参照のこと。
  • 意外に人気があり、『ウルトラマン80』46話で魔法使いマアジンレッドキングの他にウー(の玩具)を出してほしいという少年もいた(その際、回想シーンに登場している)。事と次第によってはウーが魔法で召喚されたのかもしれない。
  • コメットさん(九重祐三子版)35話「雪のおばけが出たぞ」に、アトラク用と思われるウーが出演している。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はウー (ウルトラ怪獣)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。