FANDOM


ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説』(ウルトラキュー ザ ムービー ほしのでんせつ)は、日本の映画松竹セガ・エンタープライゼス東北新社円谷映像により共同製作され、松竹系で1990年4月14日から劇場公開された。

概要 編集

円谷プロダクションによる特撮テレビ番組『ウルトラQ』のリメイク版。制作は円谷映像。監督はウルトラシリーズや『帝都物語』を手掛けた実相寺昭雄。脚本は実相寺とも数多くウルトラシリーズを手掛けた佐々木守

同じ監督:実相寺、脚本:佐々木で、1982年ATGと円谷プロが共同で製作する予定だった劇場映画『ウルトラマン怪獣聖書』が元になっている。

本作は当初、監督:金子修介、脚本:伊藤和典と、後に『平成ガメラ3部作』を手掛ける2人を中心にじんのひろあきも加わって映画化が企画されていたが、実現には至らなかった(なお、本作には「平成ガメラ3部作」で特技監督を務めた樋口真嗣絵コンテで参加している)[1]。内容は「ガラモン」「カネゴン」等の人気怪獣を登場させる3話の短編によるオムニバス形式といったものだったが、当時はウルトラシリーズ登場キャラクターの商品化権はバンダイが独占していたため、映画のスポンサーであるセガは映画に登場する怪獣の商品を販売することはできず、セガとしてはそのような状況で過去の怪獣を登場させるメリットが少なく、この脚本は採用されなかった。しかし映画の公開スケジュールは既に確定していたため、ウルトラファンに絶大な支持を得ていて、そして既にアイデア(NG企画『ウルトラマン怪獣聖書』)を持っていた実相寺昭雄に引き継がれることになった。

主演の柴俊夫は、公開時のコメントで「試写を観た後、しばらく立ち上がれないほどの衝撃を受けた」として、実相寺演出を讃えていた。

公開第3週より『ウルトラQ 五郎とゴロー』『ウルトラQ 1/8計画』がカップリング上映されている。

またウルトラシリーズの脚本家として知られた金城哲夫と『ウルトラQ』の一ノ谷博士(江川宇礼雄)が一ノ谷研究所の肖像として登場している。

ストーリー 編集

古代遺跡の発掘現場等で、謎の連続殺人事件が発生する。現場には何故か、海水が残されていた。そんな折、古代史番組の取材中にテレビ局クルー・浜野が謎の失踪を遂げる。同僚の万城目たちは浜野の足取りを辿るが……

登場怪獣 編集

ワダツジン 編集

  • 身長・体重:不明

太古の昔に地球へやってきた異星人で、その姿は羽衣伝説浦島太郎竹取物語などの伝承として伝えられている。安曇族、ワダツミノミコトとの関連も仄めかされる。星野真弓という女性に姿を変えて、事件の調査をすすめる万城目らの前に現れて警告を発した。人間の姿の他に土偶のモデルとなったと思われる遮光器土偶型と、全身に縄文式土器に似た模様があるミラーメタル型の二つの姿をもつ。

  • 原型となったのは『ウルトラマン怪獣聖書』に登場するカナンガ星人で、土偶姿のデザインのモデルとなっている。

古代神獣 薙羅(ナギラ) 編集

  • 身長:50メートル
  • 体重:3万1千トン

弥生時代から地底に眠っていた怪獣。ハサミムシ状の尾の先端を地表に出して、自然古代遺跡を破壊する開発を阻止していた。ワダツジンとはテレパシーで繋がっており、星野真弓が警察に逮捕された際に出現した。レイヨウのような角が前に向くと口から青い熱線を吐く。最後、ワダツジンの宇宙船で共に宇宙へ行く。

出演 編集

スタッフ 編集

製作された時代背景 編集

撮影は1989年12月より翌1990年3月にかけて行われ、公開は1990年4月からと、その頃の世はまさにバブル景気真っ直中。本作のストーリーの背景となる、古代の遺跡や伝承の地を蹂躙してのリゾート地開発の模様にそれが色濃く反映されている。遠隔地のリゾート地開発は、一介のサラリーマンに都市圏で一戸建て住宅を持つ夢さえ諦めさせるほどの住宅高騰と共に、バブル景気の根幹である土地価格の狂乱の象徴であった。

一方、このバブル景気とリンクするように、当時は本作のロケ先にもなった佐賀県吉野ヶ里遺跡発見を始めとして古代史においては多くの新発見、それによる史実の塗り替え議論もかつてなく盛り上がっていた。ただ、その反面でバブル景気が後押しするリゾート地開発や地域経済の為の工業団地開発による、そういった歴史上重要な土地の折角の遺跡発掘調査の頓挫も多々あり、目先の利益の為に貴重な文化遺産さえも闇に葬られていく現実[2]を糾弾していく社会派ドラマに仕上がっている。

漫画版 編集

さいとう・たかをと「さいとう・プロ」によってミニ劇画化され、劇場で来客特典として配られた。

また、御茶漬海苔によるコミカライズ版が『MONSTER COMIC 怪獣伝説』に収録されている。

脚注 編集

  1. 「じんのひろあきインタビュー」『前略、押井守様。』野田真外編著、フットワーク出版、1998年、p127-p128。並びに、上島春彦「注目の作家たち 金子修介」『<日本製映画>の読み方 1980-1999』フィルムアート社、1999年、p70
  2. 遺跡#日本における「遺跡」の法的な位置づけも参照。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。