FANDOM


ウルトラマン怪獣大決戦』(ウルトラマンかいじゅうだいけっせん)は、テレビドラマ『ウルトラマン』第2話、3話、8話、16話、25話をオムニバス形式に再編集して作られた劇場映画。1979年7月21日に松竹系で公開された。

概要 編集

ウルトラシリーズが3度目のブームを迎える中、『実相寺昭雄監督作品ウルトラマン』『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』の後を受け、“ウルトラ映画第3弾”として劇場公開された。『実相寺昭雄監督作品ウルトラマン』が監督の作風のために比較的異色作の印象が強いエピソードを中心に構成されたため、本作においてはウルトラマンと人気怪獣の対戦をセールスポイントにした娯楽色の強いエピソードが選択された。

また、後述の通りプロローグをはじめとするいくつかのシーンが新規撮影され、公開当時のウルトラファミリーが全員登場している。

スタッフ 編集

登場ウルトラマン 編集

登場怪獣 編集

新規撮影場面 編集

オープニングのウルトラファミリー集合の場面があり、ウルトラ兄弟の紹介、ウルトラマンウルトラマンキングに地球派遣を命じられる場面などがある。またこの場面で、それまでアニメのみだったウルトラマンジョーニアス(『ザ☆ウルトラマン』)とベドラン(着ぐるみは『恐竜戦隊コセイドン』のジャンボザウルスの改造)との闘いが新撮され、初めて実写で紹介された。

また、初代バルタン星人との戦いにおいて、東京・聖徳記念絵画館前での地上戦が新規撮影され、バルタン星人が分身の術を駆使してウルトラマンを苦しめる場面などが追加されている。

NGになったシーンには、ウルトラの星でバルタン星人の宇宙船を爆破したウルトラマンの安否をウルトラファミリーが気遣うシーンと生存を確認して喜ぶシーンがあった。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はウルトラマン怪獣大決戦にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki