FANDOM


ウルトラニャン1997年に公開された日本のアニメ映画およびその主人公の名称。『ウルトラニャン 星空から舞い降りたふしぎネコ』と、その翌年に続編の『ウルトラニャン2 ハッピー大作戦』の2作品が製作された。

  1. 第1作『ウルトラニャン 星空から舞い降りたふしぎネコ』
    1997年4月12日全国松竹系にて公開。同時上映:『ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影』。
  2. 第2作『ウルトラニャン2 ハッピー大作戦』
    1998年3月14日全国松竹系にて公開。同時上映:『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』。

第1作『ウルトラニャン 星空から舞い降りたふしぎネコ』 編集

少女はるかが、星空から舞い降りたふしぎネコのニャンとの出逢いを描いた作品。

  • エンディングテーマ「SWEET LOVE」(作詞:石岡美紀/作曲:MIYUKI/編曲:山本健司/歌:ナディア
    • CDでは「MY SWEET LOVE SONG」と表記されている

第2作『ウルトラニャン2 ハッピー大作戦』 編集

第1作目の続編。ニャンの飼い主となったはるかがアレルギー体質になった理由を突き止めていくニャンたちの姿が描かれている。

ウルトラニャン 編集

  • ニャン / 超ネコ戦士ウルトラニャン
猫座の尻尾に当たるフェリス星からやってきた宇宙猫。オスで人間年齢で約22歳。『ニャン・チャン・フォム』と呼ぶ超能力を持っており、ニャンテール(尻尾)を撫でる事により好きなものに変えることができる。ただし尻尾を捕まえられると一瞬でパワーがなくなってしまう弱点も持つ。
  • マネキウム光線
招き猫ポーズから放つ必殺の光線技。ニャン・チャン・フォムをパワーアップさせたもので、強力であるがエネルギーの消費が激しい。
  • ニャンフライト - 空中飛行。最高速度881km/h
  • ニャンジャンプ - 陸上跳躍。最高高度45m
  • ニャンダッシュ - 陸上走行。最高速度194km/h
  • ニャンスイム - 水中潜行。最高速度41km/h
  • ニャンドリル - 地中進行。最高速度56km/h

キャスト 編集

  • ニャン(星空から舞い降りた不思議猫):亀井芳子
  • はるか(ニャンと出逢った少女。後にニャンの飼い主となる):押谷芽衣
  • モモ(かわいい雌猫。後にニャンのガールフレンドとなる):氷上恭子
  • ユキ(はるかの親友の少女。モモの飼い主である):増田ゆき
  • 博士(物知りな長老の猫):北村弘一
  • 小助():近藤玲子
  • アンコ(子連れの猫妻):定岡小百合
  • お母さん(はるかの母):岡本茉利

以下は第1作のみ

以下は第2作のみ

  • 竜二(アンコの亭主のトラ猫。ギターを持つさすらい猫):納谷六朗
  • ノブナガ(カラスの頭領):大塚明夫
  • ゴエモン(魚が好きなカラス。頭には穴の開いた帽子を被りタバコをふかす。比較的ケンカは嫌いな平和主義者):坂東尚樹
  • ランマル(ノブナガの子分のメスガラス):幸田直子
  • ダブ(アンコと竜二の子ども):奥島和美
  • ドラ(〃):黒田弥生
  • 先生(はるかの通う塾の先生):樫井笙人

スタッフ 編集

漫画編集

その他 編集

上記映画公開後に児童誌でも展開が行われ、はるかの髪がピンク色になる、大人に変身するなどの設定変更が盛り込まれた。TV放映を目指した売り込み手段と思われたが、その後は続いていない。また映画『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』に、ニャンの着ぐるみが登場するシーンがあるが、ストーリーには全くからんでいない。

関連項目 編集

Pigmon この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はウルトラニャンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。