FANDOM


ウルトラセブンの登場怪獣(ウルトラセブンのとうじょうかいじゅう)は、特撮テレビ番組ウルトラセブン』に登場した架空の怪獣・宇宙人・ロボット、その他の生物の詳細を記述する。

並び順は登場話数順とする。以下の解説には劇中での描写のほか、放映当時の雑誌設定も含む。平成ウルトラセブンの登場怪獣については各作品の項目を参照。

一覧 編集

宇宙ハンター クール星人 編集

第1話「姿なき挑戦者」に登場。

  • 身長:2メートル
  • 体重:75キログラム

地球人のことを「昆虫」呼ばわりし、地球侵略のために地球人を標本として集めていた。頭脳は発達しているが戦闘能力は殆ど無く、保護色で透明化したクール円盤の中からは決して出てこない。蜘蛛のような姿で大きな目があり、円盤内で浮遊している。円盤をダンが発案した噴霧弾に着色され、ウルトラホーク1号やウインダムと交戦後、円盤内に入ったセブンにアイスラッガーであっさりと倒され、さらわれた人々も救出された。

  • 母星も円盤と同様に保護色で隠し、他の星からの侵略を回避している。クール星は文化が発達しているが物資に乏しく、星人達は高度な科学力で他星を侵略して略奪行為を行っている(放映当時の雑誌設定)。
  • 声の出演:矢田耕司
  • モデルはシラミで、それまでの怪獣の二足歩行を前提としたデザインとは一線を画している。

生物X ワイアール星人 編集

第2話「緑の恐怖」に登場。

  • 身長:1.8~150メートル
  • 体重:1万3000トン

突然変異により星全体が植物で覆われたワイアール星の出身で、全身が緑色ののようなもので出来ている宇宙人。見た限りでは知性が無いように思われるが、実際には高度な知能を備えており、地球人を自分と同じ植物人間にして地球を支配するために来た。宇宙ステーションV3の石黒隊員を「チルソナイト808」という金属塊の中に閉じ込め、彼に化けて地球に侵入した。昼間は石黒隊員の姿をしているが、夜になると電子頭脳が入った金属塊を使って本来の姿に戻り、人々に特殊な液体を浴びせて次々と植物人間に変えていった。やがて周囲が警戒し始めたため石黒隊員の妻を従え旅行に見せかけて逃亡を図るが、電子頭脳が入った金属塊をダンに破壊されて人間の姿を維持できなくなり、箱根に向かう列車内で正体を現した。そして巨大化してセブンと戦闘するも、全身から放つ緑色の光線もセブンには効かず、アイスラッガーで真っ二つにされてエメリウム光線によって焼却された。なお電子頭脳が破壊された直後に金属塊がひとりでに割れたため、石黒隊員は無事救出された。

  • ワイアール星人が使用していたチルソナイトは『ウルトラQ』にも登場しているが、ここでの設定ではワイアール星から産出される金属で、ダンの透視能力をもってしても中を見通すことはできなかった。
  • スーツアクター:春原貞雄
  • ワイアール星人の名前は、植物に含まれる葉緑素をローマ字に直したときの「YouRyokuso」からきている。
  • 体が空洞に見えるように着ぐるみ各所にがはめ込まれている。
  • 星人とは関連性は無いが、上記の箱根に向かう列車は電車なので電化路線を通っているのだが、ダンなどが非電化の線路上を走るシーンがある。

人間生物X 編集

第2話「緑の恐怖」に登場。

  • 身長・体重:不明

ワイアール星人によって植物の姿に変えられた人間のこと。ワイアール星人と全く同じ姿で、主に夜中に活動して人間を特殊液で自分と同じ姿に変え、仲間を増やそうとする。ワイアール星人が倒された後、全員が元の姿に戻った。

  • 関連書籍等では「植物人間」という名称で記載されているものもある。

宇宙蝦人間 ビラ星人 編集

第5話「消された時間」に登場。

  • 身長:1.8~40メートル
  • 体重:100キログラム~1万トン

陸地が星全体の10分の1しかない小さなビラ星から大船団で地球に侵攻した。高性能レーダーの核となる「ユシマダイオード」を持参して地球防衛軍極東基地へ向かうユシマ博士の飛行機を時間停止光線で捕獲し、博士に人格操作を施してスパイに仕立て上げ、基地を内部から破壊しようとした。しかし博士と交信しているところをモロボシ・ダンに見られ、博士を使ってダンを檻に閉じ込めることに成功するが、ダンはセブンに変身して脱獄。その後ウルトラ警備隊と円盤軍で対決するが、セブンのエメリウム光線によって自身の乗った円盤を打ち落とされ巨大化した。最期はアイスラッガーでセブンに胴と尾を切断され、続けて撃墜された円盤が墜落し炎上して絶命。

武器は口から吐き出す煙幕と時間停止光線。だが、煙幕はせいぜい相手の目をくらませる程度のものでしかなく、時間停止光線も、セブンの張り巡らしたバリヤーに防がれてしまった。自分達のことを「全宇宙の征服者」と呼び、母星でも星人達は徹底した軍事教育を受けているようだ。だがその割には登場した宇宙船団はあまり強力ではなく、あっさりとウルトラ警備隊によって全滅させられてしまい、挙句の果てには巨大化して戦った同胞に止めを刺す結果となった。

  • 声の出演:辻村真人
  • クール星人に続き2体目の操演式の宇宙人。
  • モデルはウチワエビである。頭から胴体はイチョウの葉に似ている。
  • ヴィラ星人」と表記されている文献もあるが、これは放映当時の名称であり、現在の公式名称は「ビラ星人」である。
  • 『ミンキーモモ』の主人公の独特の髪型は、同星人に似ていることからビラ星人ヘアーと呼ばれている。

火炎怪人 キュラソ星人 編集

第7話「宇宙囚人303」に登場。

  • 身長:2.5~43メートル
  • 体重:250キログラム~1万トン

宇宙でも特に治安が悪いことで有名なコスモポリタス第8惑星のキュラソ星から逃亡してきた宇宙人。催眠術を得意とし、ガソリンを常食としている。キュラソ星の刑務所から一人乗りの小型円盤(作中での呼称はスペースポニー)に乗って逃亡してきたため、キュラソ連邦警察から地球防衛軍基地に警告が送られてきた。怪力と爪で遭遇した地球人を数人連続で殺害した挙句、頭部からの暗示光線でアンヌ隊員を操り、ウルトラホーク1号のβ号で宇宙空間に脱出しようとしたが、ウルトラ警備隊に追いつかれ空中ドッキングされてしまう。燃料が尽きかけたβ号の中で苦し紛れに炎を吐いて巨大化したものの、自身の放った炎が体内のガソリンに引火して自爆した。セブンとは戦わなかった。

物語中に登場したのはあくまで"一犯罪者"(ガソリンを盗んだ犯人)であり、キュラソ星連邦警察は地球に対し凶悪犯逃亡を通報している。事件後、「キュラソ星と地球の間に友好関係が生まれるだろう」とのナレーションが入る。

  • キュラソ星では彼らの主食であるガソリンを盗む行為は殺人と並ぶ重い罪であり、その犯罪を犯した者は一生覆面をさせられてしまうという裏設定があるため、テレビに登場した星人の顔は覆面である可能性もある
  • スーツアクター:松原靖
  • 名前は吸血鬼ドラキュラに因んでいる。
  • 着ぐるみの体部分は『ウルトラマン』の2代目ケムール人のものを改造したもの。また、頭部もケムール人に似たデザインで、同様の眼球可動機構も内蔵されている。
  • ダンやキリヤマなどは劇中「キューラソ星人」と発音していた。
  • 「宇宙囚人303」はセブンが登場するものの、敵宇宙人とは直接戦闘を行わないという異色作だった(ダンは戦うためではなく、炎上するβ号から脱出するために変身している)。

頭脳星人 チブル星人 編集

第9話「アンドロイド0指令」に登場。

  • 身長:2メートル
  • 体重:500キログラム

地球侵略を狙う知能指数5万の宇宙人で、宇宙でもトップクラスの頭脳を持つとされている。そのためか、外観の殆どを占める脳細胞の他は三脚状の短い足があるだけで、変身能力を備えているものの戦闘能力は低い。老人に化けて子供達におもちゃの銃と催眠装置を仕組んだワッペンをばら撒き、「アンドロイド0指令」を実行しようとした(「アンドロイド0指令」とは、ある日の午前0時に彼等が配ったワッペンで催眠状態になった子供達が銃で大人達を殺害するという計画で、おもちゃの銃も彼等の指示で自動的に本物の銃になる)。アンドロイド少女ゼロワンを操ってダン・ソガ両隊員を追い詰めるが、あと一歩の所で失敗して逆に追い詰められて正体を現した。最期はセブンのエメリウム光線を喰らって溶けた。

  • チブル星は星人たちも含めて全ての生物が電子頭脳の管理下に置かれている(放映当時の雑誌設定)。
  • 人間体演:植村謙二郎
  • 「ちぶる」は琉球語で「頭」という意味。同話の脚本を手掛けた金城哲夫沖縄県出身だった事に由来する。
  • ウルトラマンタロウ』放映当時の学年誌の記事では、その頭脳を買われてか怪獣軍団の参謀を務めていた。作戦会議などでもメフィラス星人ヤプールヒッポリト星人などの幹部らと共に姿を見せている。

アンドロイド少女 ゼロワン 編集

第9話「アンドロイド0指令」に登場。

  • 身長:2メートル
  • 体重:90キログラム

普段はデパートで金髪のマネキン人形として存在するが、実際はアンドロイドで、チブル星人の指示で活動する。車も追いつけない程の速度で走り、手からは強烈な電撃と光線を放つ。最期はセブンのエメリウム光線を喰らってマネキンに戻り、倒れて砕けた。

  • 演じたのは女優の小林夕岐子。監督の満田かずほによれば、彼女の人形の様な無機質な美貌に触発されてアンドロイド少女の登場するエピソードを製作したとの事。また、マネキン状態の彼女がいたデパートは銀座松屋である。

宇宙野人 ワイルド星人 編集

第11話「魔の山へ飛べ」に登場。

  • 身長:2.2メートル
  • 体重:150キログラム

惑星自体が寒冷化し、生物が絶滅の危機に瀕したワイルド星から来た。科学力は大変発達しているが、肉体が老衰して種族が滅びかかってるため、地球人の若い生命を奪いに来た。生命を奪う際には生命カメラを使用し、頭部の触角から金縛り光線を出して人間を麻痺させて一時的に操ることもできる。山中の氷穴に住居を構えて獲物を待ちうけるなど、宇宙人というより妖怪に近い描写がされていた。山中の連続失踪事件を調査に来たダンをも餌食にしてしまうが、ダンの仇討ちに来たキリヤマ隊長たちに山を追われ、円盤状のナースに戻ろうとしたところを、背後からソガ隊員にウルトラガンで撃たれ絶命した。

  • 声の出演:丸山詠二
  • スーツアクター:鈴木邦夫

宇宙鳥人 アイロス星人 編集

第13話「V3から来た男」に登場。

  • 身長:ミクロ~30メートル
  • 体重:約0~1万3000トン

姿形は、別名の通り鳥に似ている。星全体が荒廃し、岩山だらけと化したアイロス星から地球に侵入した。地球侵略を狙い、円盤に乗って地球に侵入しようとしたが地球防衛軍の宇宙ステーションV3に察知され、ステーションホーク1号と戦闘態勢に入る。ステーションホーク3機のうち2機を撃墜して地球に侵入するものの、宇宙空間での戦闘のため宇宙船の燃料を切らしてしまう。そこでステーションホークの残り1機とウルトラ警備隊のウルトラホーク1号を攻撃し撃墜、脱出したウルトラ警備隊員の2人を拉致し、2人の隊員そっくりの偽者を作り出して地球防衛軍基地に潜入させ、固形燃料を奪おうとした。しかし作戦は失敗し、人質である隊員の解放と引き換えに固形燃料を渡すようウルトラ警備隊に要求し、要求が受け入れられるも約束を破って円盤で攻撃を開始して自らも巨大化して暴れ回った。武器は口から出す光弾。エメリウム光線を両翼で受け止め、体を回転させてアイスラッガーをはじき返す等、見かけとは裏腹に屈強である。最期は今回初使用のワイドショットを正面から浴びて大爆発した。星人がセブンにやられたのとほぼ同時に、円盤もウルトラホークによって撃墜された(なお、アイロス星人の円盤はメトロン星人のものと同様に分離が可能)。

  • 声の出演:矢田耕司
  • スーツアクター:荒垣輝雄
  • 出現した巨大生物は、実は星人自身ではなく戦闘用の怪獣ではないかという説もある。また姿は星人というよりは怪獣のような姿である。

策略星人 ペダン星人 編集

第14話「ウルトラ警備隊西へ(前編)」、第15話「ウルトラ警備隊西へ(後編)」に登場。

  • 身長:2メートル
  • 体重:50キログラム

暗黒の星と言われ、生物の存在は無いと思われていた第8銀河系にあるペダン星の出身。地球防衛軍のワシントン基地が発射した観測ロケットの調査資料の分析結果から、地球人と同等か、それ以上の科学力を持つ生物が存在することが確認された。観測ロケットを侵略と誤解し、「地球に対して復讐する」という無電をワシントン基地に送った。驚いたワシントン基地が緊急の防衛会議開催のために六甲山の防衛センターに招集した地球防衛科学斑のチーフたち(極秘のため全員身分を偽っていた)を、次々と暗殺していった。さらにワシントン基地の科学者で、ペダン星人にとって脅威となる情報を持つドロシー・アンダーソンを誘拐し、彼女に成り済ました星人が地球防衛軍基地に潜入、動向を探っていた。ペダン星人の最大の武器であるキングジョーの撃退方法を地球防衛軍が研究し始めると、ドロシーの解放及び地球からの撤退と引き換えに研究の中止を要求した。ダン隊員の説得によって地球防衛軍は要求を承諾したためドロシーを解放はしたが、彼女の記憶を封じた上、撤退は行わずに目的を地球侵略に切り替えて大円盤群を呼び寄せ、さらにキングジョーを使い破壊活動を行った。記憶を取り戻したドロシーの協力で完成した「ライトンR30爆弾」によってキングジョーが爆破されたため、円盤で宇宙に逃走しようとしたところをウルトラセブンのワイドショットで撃墜され、地球へ向けて進行していた大円盤群もペダン星へ引き返していった。ペダン星人の姿は人間体以外は常にシルエットでしか登場していないため、実体がどのようなものであるかは結局分からなかった。

  • 声の出演およびスーツアクターは田辺洋と八代駿。またドロシー・アンダーソン(変装・本物共)の声をアテたのは池田昌子と思われる。
  • 着ぐるみはピット星人の改造という説がある。

岩石宇宙人 アンノン 編集

第16話「闇に光る目」に登場。

  • 身長:30メートル(怪獣化時)
  • 体重:15万トン(怪獣化時)

正式には「アンノン星人」(アンノンせいじん)。ペガッサ星人と同様に、本来は争いごとを嫌う宇宙人。岩石質の身体をもつ巨大な怪獣として現れたが、実体は青白く光る眼の形をした脳だけの生命体で、無機物に寄生する能力を持つ。地球がアンノン星に打ち込んだ観測ロケットを侵略行為と誤解し、地球を破壊するためにやってきた。特殊な石に寄生することで怪獣に変身する。目から放つ閃光で地球人を気絶させることが可能である。ウルトラホーク1号と交戦したが全くダメージを負わず、キリヤマ隊長の弁解には耳を貸さなかったが、セブンと戦闘した末の説得に応じ、アンノン星に引き揚げている。

怪獣アンノンとなった場合、目からの緑色の怪光線、そして背中から放つ弾幕が武器となる。体が大変硬く、セブンのエメリウム光線でさえ大したダメージにはなりえなかった。

  • 声の出演:中江真司
  • 怪獣体スーツアクター:中村晴吉
  • 実体である「光る目」が「アンノン星人」で、石に寄生して怪獣化したものが「アンノン」であるという分け方をする場合もある。
  • アンノンと言う名前はunknownから。

地底ロボット ユートム 編集

第17話「地底GO! GO! GO!」に登場。

  • 身長:2.8メートル
  • 体重:2トン

ウルトラ警備隊が発見した謎の地底都市を警備する人間型の二足歩行ロボットで、右手は光線銃、左手は打撃用の丸い鉄球となっている。独特の言語を操り、光線銃で地底都市の侵入者を排除する。所属あるいは任務等により胸のプレートの模様が異なる(なお、撮影の際に胸のプレートを差し替えて3種類の模様の機体が登場した)。弱点は頭で、光線系の攻撃を受けると体中にスパークが走り、ガクッと膝をついて前のめりに倒れてしまう。ウルトラガンで倒せる程度の相手だが、拷問台から脱出したセブンは(わざわざ)ワイドショットで倒している(ロボットが爆発していないので、恐らく威力を最弱にして発射したものと思われる)。結局彼らが警備していた地底都市は誰がどんな目的で作ったのか、一切解明されないまま爆破された。

  • 「ユートム」は設定上の後付呼称で、劇中で名前は呼ばれていない。
  • スーツアクター:中島春雄

音波怪人 ベル星人 編集

第18話「空間X脱出」に登場。

  • 身長:60メートル
  • 体重:1万8000トン

故郷のベル星の環境が悪化して暮らしにくくなったため、劇中の数年前から地球を訪れて試験的に擬似空間を作り上げ、自らが居住するのに適しているかどうかを確認していた。地球の大気圏内に擬似空間を作り出し、迷い込んできた地球人を捕らえていた。擬似空間内には、宇宙蜘蛛グモンガや、スフランによく似た宇宙植物、吸血ダニといった恐ろしい生物が棲んでおり、またベル星人自身も迷い込んできた獲物を自ら出す鈴の音のような怪音波で苦しませる。怪音波は聞いた者の脳波を狂わせ、まるでベル星人が何体もいるかのような幻覚を見せる。その他、分身能力や飛行能力もある。

セブンとの戦闘では人間を遥かに凌ぐ超感覚を持つ故、怪音波に弱いセブンを苦しめるものの、激しい格闘の末、空に逃げたところをスパイラル光線で撃ち落とされ、消えかけの擬似空間内の底なし沼に投げ込まれて擬似空間と共に消えた。そのため生死に関してははっきりしないままである。マナベ参謀が存在を知っていたので、以前にも来た記録が残されているのかもしれない。

  • スーツアクター:鈴木邦夫

宇宙蜘蛛 グモンガ 編集

第18話「空間X脱出」に登場。

  • 身長:3メートル
  • 体重:20キログラム

ベル星人の作り出す擬似空間に棲む怪獣で、クモによく似た姿をしている。普段は草木の間などに隠れていて、獲物が近づいてくると鼻から青黒い強烈な毒ガスを吐き、相手が苦しんでいるうちに長い足を絡めて捕らえる。スカイダイビング訓練中に擬似空間に迷い込んだソガ、アマギ両隊員を襲おうとしたが、逆にスパイダー (火炎放射器)で倒された。また、救助に来た他のウルトラ警備隊員の前にも姿を現したが、こちらもウルトラガンで倒された。

  • 操演怪獣である。円谷一がリモコン操作しているスナップが存在するため、機械仕掛けの可能性も否定できない(ただし、恐らくは口開閉、ガス噴射ギミックのリモコンであり、自立して動くものではなく、写真も対外向けのメイキング写真の可能性がある)。

宇宙帝王 バド星人 編集

第19話「プロジェクト・ブルー」に登場。

  • 身長:2~40メートル
  • 体重:80キログラム~5千トン

自称「宇宙の帝王」。ミヤベ博士が設計したバリア「プロジェクト・ブルー」により仲間の円盤が地球に侵入できないため、ミヤベ博士から設計図を奪おうとした。自分たち以外の知的生物の存在を許さず、地球がまだ火の玉だったころ冥王星の知的生物を滅ぼしたらしい(これが本当なら彼らはウルトラマンキング以上の高齢なのではないかと思われる)。ミヤベ博士を捕獲するため宇宙メリケンを使い、武器として光線銃メリケンサックなどを使う。一度は降参するふりをして油断したセブンに襲いかかるなど卑怯な戦術を使う一方で、かなり身軽で格闘にも優れているが、最期は投げ飛ばされ岩に頭を打ちつけ吐血して絶命した。

画面上では3体のバド星人が確認されているが、そのうち2体はウルトラガンで倒され燃え尽きていた。したがって運動能力には秀でているが、個体としての力はさほどでもない。

  • 声の出演:槐柳二
  • スーツアクター:中村晴吉、沖田幸勝
  • 『プロジェクト・ブルー』計画は作品世界は異なるものの、映画『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』にて実現する。また、ゲーム『すくすく犬福』作中でも同名の計画の進行が語られるが、こちらの概要は不明。

暗黒星人 シャプレー星人 編集

第20話「地震源Xを倒せ」に登場。

  • 身長:1.7メートル
  • 体重:60キログラム

暗黒星雲にあるシャプレー星出身。頭部は昆虫型で、イワムラ博士の助手のサカキに化け、地球の核であるウルトニウムを採取していた。宇宙金属でできたプレートを使って元の姿に戻る。催眠術を使い幻覚を見せることもできる。弱点は目で、そこをソガ、アンヌ両隊員にウルトラガンで撃たれ、ギラドラスの名を呼びながら炎上して崖から墜落、絶命した。

宇宙人にしては珍しく服を着ており、正体が露見した際には自らの名を怪盗の様に名乗るなど、異彩を放つ宇宙人である。なお、彼がウルトニウムを採掘していた目的は不明。

  • シャプレー星は気象条件が大変厳しい怪奇惑星であるため、シャプレー星人達はギラドラスのような天候を自在に操ることのできる生物を利用して気象をコントロールしている(放映当時の雑誌設定)。
  • 声:北原隆
  • スーツアクター:荒垣輝雄
  • 名前の由来は天文学者ハーロー・シャプレーとされる。
  • イワムラ博士に濡れ衣を着せるために、シャプレー星人が博士につけた影は、ゴドラ星人にペダン星人のマスクを被せたものと思われる。
  • 着ぐるみは『戦え!マイティジャック』に登場する宇宙忍者ドロン星人に流用された。
  • 一峰大二が描いた漫画版に登場するシャプレー星人は名前と設定は同じだが、容姿だけがバド星人になっていた。

核怪獣 ギラドラス 編集

第20話「地震源Xを倒せ」に登場。

  • 身長:65メートル
  • 体重:16万トン

シャプレー星人が地球に連れてきた怪獣で、シャプレー星人に操られて地球の核である「ウルトニウム」という鉱石(架空の物質)を青沢山脈の地下深くで採集していた。地下を移動する際に地震を起こすため、不審に思ったウルトラ警備隊によって調査され、シャプレー星人の断末魔で地上に姿を現して暴れまわった。頭部には4つの結晶体があり、それを発光させることで天候を自在に操る。吹雪を起こしてセブンを苦しめたが、アンヌ隊員の呼びかけによって復活したセブンのアイスラッガーによって首を切断されて倒された(その際、切り口からウルトニウムが大量にこぼれ出た)。ギラドラスが変化させた天候は、セブンの手で元に戻された。

  • スーツアクター:松島暎一、加藤芳己
  • 着ぐるみは2人用である。
  • ちなみにここで云う「」は原子力等々の「 (Nuclear)」ではなく、物質の中心にある「核 (core)」である。

宇宙海底人 ミミー星人 編集

第21話「海底基地を追え」に登場。

  • 身長:80センチメートル
  • 体重:25キログラム

地球侵略を狙う宇宙人で、体が小さく、種全体として虚弱体質のため、より住みよい環境を求めてヒトデのような形をした宇宙船で地球に侵入した。海底に沈んだ船などの残骸に目を付け、戦艦大和の残骸をベースに作ったアイアンロックスに強力な爆薬を仕掛けて地球防衛軍基地の近くで爆発させることで地球防衛軍の壊滅を図り、さらに調査のために海底を捜索していたハイドランジャー2機を円盤によって捕らえた。セブンにアイアンロックスが破壊され、円盤で逃げようとするが、解放されたハイドランジャーのミサイル攻撃によって円盤ごと爆破された。

  • 声の出演:村越伊知郎
  • 劇中では円盤のみで姿は現さなかったが、桑田次郎著のコミック版『ウルトラセブン』では姿が描かれている。

軍艦ロボット アイアンロックス 編集

第21話「海底基地を追え」に登場。

  • 全長:80メートル
  • 重量:15万トン

四半世紀前から相次ぐ戦争や海難事故で海の藻屑と化した多くの沈没船の残骸からミミー星人が作り上げた。 出現した国の近くに沈んだ沈没船を使っているらしく、日本に出現したのは太平洋戦争末期に沈んだ戦艦大和がベースになっていた。四方に砲弾を発射することができ、完全停止してから15分立つと体内に仕掛けられた爆薬が大爆発を起こす。 日本近海で多数の船舶を沈めた後で伊豆半島の下田港に出現し、セブンを巨大枷で拘束して道連れに自爆しようとしたが、動力源等をエメリウム光線で破壊されて敗れた。

  • ウルトラ怪獣には足跡が設定されているが、アイアンロックスの足跡はクローラーの跡であった。つまり、誰も見た事がない本体下部にはクローラーがあるらしい。
  • 劇中では終始水上にいたが、桑田次郎著のコミック版『ウルトラセブン』では、昆虫のような脚部で歩き、上陸も果たしていた。
  • 同系列の怪獣として『ウルトラマン80』に登場したバラックシップがある。

宇宙怪人 ブラコ星人 編集

第22話「人間牧場」に登場。

  • 身長:2メートル
  • 体重:170キログラム

宇宙の彼方でオレンジ色に輝くブラコ星から地球に侵入した宇宙人で、個体としての力は地球人よりも強いものの、それ以外には特に戦闘能力をもたないため大宇宙船団で活動している。ソフトクリームに目と手足、そして口をつけたような姿をしている。母星で食糧とする胞子の栽培が年々困難になったため、地球人の女性を胞子の「牧場」とする為に地球に来た。アンヌ隊員とその友人のルリ子に赤い胞子を植えつけることに成功し、仮死状態にした。防衛隊基地に潜入し、アンヌ隊員を襲って胞子を植えつけた1匹はダン隊員を襲っている最中にキリヤマ隊長のウルトラガンによって射殺され、死体はウルトラ警備隊が検死解剖した。大円盤軍もセブンを捕獲するなど善戦したが、ウルトラホーク1号の盲滅法射撃により全滅した。

  • スーツアクター:荒垣輝雄
  • 海生宇宙人と称している書籍もある。

宇宙ゲリラ シャドー星人 編集

第23話「明日を捜せ」に登場。

  • 身長:2メートル
  • 体重:70キログラム

03 (マルサン)倉庫を巨大な火の玉で爆破したが、地球侵略計画が占い師のヤスイに次々と言い当てられたため、ヤスイを暗殺しようとした。武器として光線銃を使用し、姿を消したり変身することも可能。自身はさほど戦闘能力が無いため、用心棒としてガブラを連れている。セブンに降伏を申し出た直後にガブラを差し向けたり、ヤスイをいったん解放した後も、円盤からガブラの首を遠隔操作してセブンを襲わせたりと、ゲリラらしくかなり姑息な手段でセブンを追い詰めたものの、最期はセブンのハンドビームによって円盤ごと爆破された。

シャプレー星人と同じく服を着ている。基地内には通常の戦闘員3体(ウルトラガンで射殺)の他、ヤスイを拷問していたリーダーとその補佐の女性のシャドー星人も1体確認されている。その他、基地の外を警備していた個体もいたが、こちらはダンによって投げ飛ばされた。

  • 様々な星でゲリラ活動を行う宇宙のならず者として嫌われている(放映当時の雑誌設定)。
  • 声の出演:上田耕一、大島マリ子
  • スーツアクター:上田耕一、佐藤千枝子
  • 京楽のぱちんこウルトラセブンシリーズでは、プレイヤーが最もよく見る宇宙人。出現時の人数により、大当たりの昇格の期待度が変わる。

猛毒怪獣 ガブラ 編集

第23話「明日を捜せ」に登場。

  • 身長:ミクロ~48メートル
  • 体重:0~3万トン

普段はシャドー円盤内にミクロ化されており、一気に巨大化して円盤を破壊しようとしたセブンと戦った。シャドー星人に遠隔操作されているのでアイスラッガーで首を切断されても首だけが動き回ることができ(頭に受信装置がある)、猛毒の牙でセブンに噛みついて苦しめた。だがそれが逆に弱点でもあり、セブンのハンドビームで円盤を爆破されると首もドロドロに溶けた。

  • スーツアクター:鈴木邦夫
  • 一峰大二による漫画版にも登場。また、フィギュア王に掲載された『ゴードの巻』ではバルタン星人達によって蘇生された、宇宙連合軍の怪獣軍団の一匹として登場。切断されてなくとも自由に首を飛ばすことが可能であり、やはり噛みつき攻撃でセブンを苦しめて敗退させた。再び現れたセブンに対しても首を飛ばして襲い掛かったが、アイスラッガーで首を両断されて敗れた。

オーロラ怪人 カナン星人 編集

第24話「北へ還れ!」に登場。

  • 身長:1.8メートル
  • 体重:62キログラム

氷の星カナン星から来た宇宙人。頭部は昆虫型で、登場した3体は全て女性と思われる。北極に設置したロケット灯台に身を潜め、北極付近をパトロールする地球防衛軍の戦闘機をオーロラ状の怪光線でコントロールし、民間機と衝突させていた。母星と環境のよく似た北極を自分達のものにすることが目的。ウインダムを赤色怪光線で操ってセブンに仕向けたが失敗し、正気を取り戻したウインダムに青色怪光線を浴びせて逃亡を図ったが、最期はセブンのワイドショットでロケット灯台ごと爆破された。

  • 寒い星の出身なので、熱には弱い種族である(放映当時の雑誌設定)。
  • 声の出演・スーツアクター:矢野陽子、松平有加、若山真樹

ミニ宇宙人 ポール星人 編集

第25話「零下140度の対決」に登場。

  • 身長:33センチメートル
  • 体重:1キログラム

ガンダーを操り、セブンや地球防衛軍基地を事実上活動不能とした宇宙人。幻影でしか登場せず、小さい体躯の割にやたらと態度がでかい。これまでに2度地球を氷河期にしたと語っているが、その目的は一切不明。寒さに弱いというセブンの弱点を突いてきて、結果的にセブンは地球での活動時間が制限されるという後遺症を負っている(この活動限界については、後にガッツ星人のセブン分析の際に詳しく語られている)。自身は戦闘能力がないのか、ガンダーが敗れるとセブンではなく地球人の忍耐に負けたと言ってあっさりと退散した。

  • 声:矢田耕司

凍結怪獣 ガンダー 編集

第25話「零下140度の対決」に登場。

  • 身長:45メートル
  • 体重:2万トン

地球を第三氷河期にしようとするポール星人に操られている怪獣。その姿は長い顔に大きな口、カタツムリのような目玉と、実に奇怪である。また、のような鳴き声を出す。口から吐く猛烈な冷凍ガスで、地球防衛軍基地周辺を氷付けにしてしまった。更に地中から防衛軍基地の動力室も破壊して隊員たちを大いに苦しめた。ミクラスと死闘を繰り広げ、力の面では少し押され気味だったが、飛行能力などを駆使してなんとか打ち負かす。しかしミクラスとの戦いで力を使い果たしたのか、セブンとの戦いではウルトラ念力で投げ飛ばされ、アイスラッガーで呆気なく倒された。

  • スーツアクター:鈴木邦夫

再生怪獣 ギエロン星獣 編集

第26話「超兵器R1号」に登場。

  • 身長:50メートル
  • 体重:3万5千トン

シャール星座の第7惑星ギエロン星の出身。地球防衛軍の惑星破壊兵器R1号のテストにより破壊されたギエロン星より飛来した。正体は生物の居ない筈のギエロン星の小動物がR1号の放射能で変異したもの。ギエロン星は金星によく似た燃えない焦熱地獄で、地球人たちにとって生物が住めるような星だとは思えなかった。目的は定かではないが、母星を破壊された復讐と考えられている。武器は口から吐く放射能ガス(R1号の放射能を取り込んでいた物)と両手を近づけて発射するリング光線。また、頭部は自分の頭ほどもある隕石と正面衝突しても隕石の方が砕けるほどの硬さを誇る。両手でもある翼は太陽に向けることで目眩ましになる。そして翼と頭部はアイスラッガーも受け付けない。最大の特徴は再生能力で、ウルトラホーク3号に積まれた新型ミサイルで粉々にされるが、一晩で再生した。最期はアイスラッガーで頚動脈を切られて絶命。

  • スーツアクター:鈴木邦夫
  • 本エピソードは当時の冷戦を反映した核抑止力に対する風刺である。ダン=セブンの宇宙人としての視点が生かされた名エピソードのひとつと言われている。
  • PSPゲーム『ウルトラマン Fighting Evolution 0』では再生能力がスピリッツとして使用された(攻撃を食らうと体力が少し回復する)。
  • 『ウルトラセブン』の中で唯一、侵略者に操られていない怪獣である。

『アンドロメロス』に登場したギエロニア 編集

特撮テレビ番組『アンドロメロス』に登場。 ギエロン星獣をモチーフとした怪獣戦艦ギエロニアが登場した。

甲冑星人 ボーグ星人 編集

第27話「サイボーグ作戦」に登場。

  • 身長:2~40メートル
  • 体重:180キログラム~2万6千トン

機械と生命を結合させる改造技術に長けているボーグ星からきた宇宙人で、後に巨大化してセブンと戦う女性のボーグ星人と、もう1体が円盤で地球に侵入した。アサヒ沼に潜伏し、防衛軍の壊滅を企んだ。ウルトラ警備隊のノガワ隊員を監禁、サイボーグに改造して警備隊へと戻し、強力な威力を持つプレート爆弾を設置させて勤務交代で隊員達が集まる午前6時に爆破しようとした。ノガワ隊員が失敗して裏切ったことに気付き、防衛軍基地へ自ら侵入して殺害しようとしたが、ダン隊員に阻止され逃げながら変身、巨大化。最大の武器は頭部、中央にある突起から出す破壊光線。格闘センスにも優れており、その硬い体から繰り出す打撃も強力。パワーだけならセブン以上で、その上飛行能力も備えている。戦闘ではセブンの攻撃を避け崖下に落とし、事前にセブンの足に仕掛けておいたプレート爆弾で倒そうとしたが失敗。パンチを連続で浴びせてセブンをダウンさせ、破壊光線でとどめをさそうとするも、それをかわしたセブンが自分に向かって飛んできた為、逃げようとしたところをアイスラッガーで頭部を切られて、切り口から泡を吹いて倒れた。円盤内には仲間がいたが、ウルトラホーク1号が投下したマグネチックセブンで円盤を破壊され、巨大化してセブンと戦ったのは1体だけだった。ちなみに女性である。

  • 声の出演:近藤征夫
  • スーツアクター:菊池英一
  • 元々は未使用シナリオの「300年間の復讐」に登場していたトーク星人の執事ロボット・甲冑人間として考案されていた。
ボーグ円盤
アサヒ沼に潜んでいたボーグ星人の円盤。車を引き寄せることができる。沼の水をホーク1号の熱ミサイルにより抜かれ、正体が現われたところに新型爆弾・マグネチックセブンを投下されて爆破された。

侵略宇宙人 キル星人 編集

第28話「700キロを突っ走れ!」に登場。

  • 身長・体重:不明

高性能爆薬スパイナーの実験を妨害するために、人間爆弾や地雷などを仕掛けてきた。妨害が失敗すると恐竜戦車を出現させた。いずれも人間体で登場し、死ぬと発光しながら蒸発する。ラリーでは1号車に乗り込んで、ダンとアマギを襲撃した。

  • 医学が大変発達しているため、恐竜戦車のような生物と無機物兵器の合成改造も容易に可能である。もしかしたら、たびたび登場したキル星人は人間に変身していたもので、本当の姿は別なのではないかという可能性もある。キル星は医学が発達しているが、軍事的な方面の科学力では地球に劣っているため、スパイナーの実験を妨害して奪おうとした(放映当時の雑誌設定)。

戦車怪獣 恐竜戦車 編集

第28話「700キロを突っ走れ!」に登場。

  • 身長:60メートル
  • 体重:7万トン

恐竜を戦車に乗せたのでこういう名前である。劇中ではキリヤマ隊長らに恐竜タンクと呼ばれていた。キル星人が高性能爆薬スパイナー運搬の妨害に失敗したため、スパイナーの実験を妨害するために実験場にある砂山から姿を現した。登場時より、実験に使うため設置していたと思われるスパイナーを咥えており、うかつに手が出せないのを良い事にセブンの左手を戦車で轢いてしまった。武器は目から出す破壊光線と強靭な尻尾、砲台から発射する砲弾等(また、戦車ならではの重量と突進力も侮れない)。攻撃力が非常に高い強敵である。最期はスパイナーの上を通ったときにセブンがスパイナーに向けてウルトラショットを発射し、スパイナーの爆発に巻き込まれて粉々になった。

  • スーツアクター:鈴木邦夫
  • 着ぐるみはその後リッガーに改造された。

宇宙スパイ プロテ星人 編集

第29話「ひとりぼっちの地球人」に登場。

  • 身長:1.7~46メートル
  • 体重:100キログラム~1万2千トン

シリウス系第7惑星のプロテ星から地球侵略のために来た。京南大学の丹羽教授となって、頭脳明晰だが地球嫌いの学生(一の宮)に正体を明かし、プロテ星に連れて行くと言う条件で彼に科学観測衛星と偽ったスパイ衛星を作らせた。自分の目的が地球侵略のために地球防衛軍の機密データを獲得することだと知って失望した一の宮を見て正体を現した。その後セブンに見つかり大学の庭に逃亡して巨大化。最大の武器は人間体でも発射可能な目から出す金縛り光線で、分身や幻覚等他にも多数の超能力を持つ。自分を本体と抜け殻に分離することもでき、セブンとの戦いではこの能力を利用して巨大化した抜け殻とセブンを戦わせていた。抜け殻は首を切られようが光線を受けようがビクともせず、光線も発射できる。抜け殻だけがセブンと戦い、本体は安全圏に隠れるという戦い方は、後のガッツ星人の時にも反映された。セブンと抜け殻が戦っている間に本体の人間体がプロテ星へ帰ろうとしたが、意識を取り戻した一の宮に1人用の転送装置に押し込まれ、彼もろとも本体は消滅し、抜け殻も姿を消した。

  • 演:成瀬昌彦(丹羽教授)
  • スーツアクター:山本一(人間大)、山村哲夫(巨大)
プロテ円盤
スパイ衛星を持ち去ろうとしたが、テレポーテーションによって現われたセブンにより衛星を奪われ、ウルトラホーク2号のレーザー光線で破壊された。

その他の作品に登場したプロテ星人 編集

  • サークロラマの映画『モーレツ大怪獣戦』にバルタン星人ウーなどと共に出現している。
  • 雑誌連載『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』では、エンペラ星人の鎧「アーマードダークネス」を狙う宇宙人軍団の一人として登場。ウルトラ兄弟に襲い掛かる。

プラスチック怪人 プラチク星人 編集

第30話「栄光は誰のために」に登場。

  • 身長:2~40メートル
  • 体重:50キログラム~1万5000トン

プラチク星から宇宙戦車を使って地球へ侵入。防衛軍の野戦訓練中に訓練の指示を出すマグマライザーをプラスチック液で乗員を殺害して占領し、戦車等に積まれた訓練用の弾と実弾をすり替えてウルトラ警備隊の全滅を図った。全身にプラスチックの欠片がついていて、骨格だけでも生きられる。武器は口から吐く相手をプラスチックの様に硬直死させるプラスチック液(名称は液だが、ガス状)。飛行能力も備え、一度降参すると見せかけて背後から攻撃したりしたが、セブンもビームランプが点滅するまで苦戦する程のなかなかの戦闘能力を備えている。体が燃えやすく、エメリウム光線で炎上したがしぶとく生き残り、骨格のままダン隊員を襲おうとしたところをアオキ隊員のウルトラガンで撃たれ絶命した。

プラスチック液は人間には極めて致死性の高いもののようだが、セブンに対しては極僅かの間だけ動きを止めることしかできなかった。

  • プラチク星は全体がプラスチックでできている(放映当時の雑誌設定)。
  • スーツアクター:鈴木邦夫

宇宙細菌 ダリー 編集

第31話「悪魔の住む花」に登場。

  • 身長:1ミリメートル
  • 体重:0.1グラム

とても小さな体で、他の生物に寄生する怪獣(細菌宇宙人と呼ばれることもある)。好物は人間の血液中にある「フィブリノーゲン」という成分で、寄生した人間の体内からこれを摂取する。また、寄生した人間を吸血鬼のように変えてしまう(寄生された人間は血液が不足し、同じ血液型の血液を探して彷徨い、人間までも襲ってしまう)。さらに寄生された人間は口から相手を気絶させる白いガスを吐けるようにもなる。宇宙から卵の状態で飛来し、香織少女に寄生していたところ、セブンがミクロ化して香織の体内に侵入し、そのまま体内で戦った。人の体内という事もあってむやみに攻撃出来ないセブンに対し、口から出す特殊な霧によって苦しめたが、香織の体に投与された薬の効果によって環境が変わり、血管に張りついていたところを回復したセブンのエメリウム光線で撃ち落とされ、シャボン玉のような泡を発するウルトラバブル(書籍によっては白血球と記述されている事もある)で溶かされた。

  • スーツアクター:山村哲夫
  • ダリーに寄生された香織少女は、まだ無名だった頃の松坂慶子が演じている。
  • 細菌と名が付くが、細菌よりも大きく、その形態と生態は寄生虫に近い。
  • 成田亨に代わる、初の池谷仙克デザイン怪獣。

メカニズム怪獣 リッガー 編集

第32話「散歩する惑星」に登場。

  • 体長:60メートル
  • 体重:4万5千トン

アステロイドベルトから地球に侵入した惑星(「惑星」と言っても球体ではなく、外見は「島」である)にいて、頭部から誘導電波を出していた。おそらくロボットかサイボーグだったと思われる。妨害電波を出してダン隊員をセブンに変身できなくさせた。尾の力が強く、アギラを打ち負かすも、セブンのアイスラッガーで首を切断された。その後、頭部はセブンによって惑星を誘導するべく宇宙へ持ち去られた。

  • なお、この惑星やリッガーが誰の手によって送り込まれたものであるかは劇中では語られることなく終わった。この惑星がリッガー惑星と呼称されることもあるが、正式名称はディンである。また、このリッガーに深く関与している宇宙人の名前はマンダラ星人と言うらしいが、あくまでも裏設定らしく、公式資料集には名前すら載っていない。
  • スーツアクター:鈴木邦夫
  • 着ぐるみは恐竜戦車を改造したもの。

蘇生怪人 シャドウマン 編集

第33話「侵略する死者たち」に登場。

  • 身長・体重:不明

正体は幽霊で、この幽霊の集団は、謎の異星人が地球侵略の下準備として地球の防衛施設の場所やその構造を知るために送り込んだもの。実体がないためどんな攻撃も効かず、どこにでも侵入する。武器は相手をコップサイズに小さくするミクロ化フォグ。宇宙人はシャドウマンを最初は町中に唯の死体として放置し、ウルトラ警備隊の基地内に持ち込ませ、基地内でシャドウマンを動かして侵略行為をさせるというトリックプレーを行った。この作戦でまんまと目的の図面を手に入れた宇宙人だったが、大型円盤で戻るところをセブンに発見される。だが、逆に追跡してきたセブンを小型円盤で捕らえ、巨大カプセルに封印して自分の星へ連れて帰ろうとした。しかし、データ転送の機械を地球に置きっ放しにしたため、ウルトラ警備隊が其処から居場所を逆探知し、セブンを巨大カプセルから救出。小型円盤はウルトラ警備隊に全滅させられ、宇宙人も大型円盤ごとセブンのワイドショットで爆破された。

  • なお、セブンによって円盤ごと倒されたこの正体不明の宇宙人は、設定ではユーリー星人とされており、バンダ星人やミミー星人同様劇中では姿を現してはいない。さらに劇中で呼称される事もなかったため、公式資料集にすら載っていない。このユーリー星人はデザイン画が存在しているらしいが、現在のところ不明である。リッガーの惑星に深く関わっていたマンダラ星人と同様に、ウルトラシリーズにおいても有数の謎の宇宙人である。

発泡怪獣 ダンカン 編集

第34話「蒸発都市」に登場。

  • 身長:40メートル(巨大化時)
  • 体重:1万5千トン(巨大化時)

具体的にどこなのかは不明だが、太陽系付近の惑星から飛来してきた泡状の不定形生物。高い知能と変形能力を持ち、人間の姿になって会話も可能。また、戦闘時には青いトゲに覆われた怪獣の姿になる。地球に来た目的は宇宙嵐からの避難であり悪意は一応なかったらしいが、滞在中の仮の宿にしようと東京の一都市を丸ごと田園地帯に移動させる(一緒に移動させられた人間は蝋人形のように硬直する)という迷惑行為に及んだため(また、アンヌの暴走をきっかけにウルトラ警備隊が事前の約束を裏切ったと見なして攻撃行動に移ったために)退治されることになった。武器は特に無いが、怪獣体ではハリネズミに似た体を使っての体当たりを得意とする。また、強力な催眠術を使いこなし怪しげな霊能力者や果てはセブンまで操り人形のように使役した(この際セブンは、ラドンのような声を出した)。人間体でコントロールルームに居るところをウルトラ警備隊のフルハシ隊員のウルトラガンを受けて泡になって巨大化。続けてコントロール装置を破壊され、正気を取り戻したセブンのエメリウム光線で倒された。

  • 人間体演:吉原正鵠
  • スーツアクター:西京利彦
  • ニセモノではなく、本物のウルトラ戦士が侵略者に操られて地球人を襲った稀有な一例である。

復讐怪人 ザンパ星人 編集

第35話「月世界の戦慄」に登場。

  • 身長:1.9メートル
  • 体重:60キログラム

過去に一度宇宙船団で地球に侵攻しようとしたが、ウルトラ警備隊長キリヤマと宇宙ステーションV3隊長クラタのコンビによってヘルメス第3惑星の戦闘で全滅させられたザンパ星人の生き残りの一人。キリヤマ、クラタのコンビに復讐するため、クラタの部下のシラハマ隊員を殺害して入れ替わり、再びコンビを組む機会を待っていた。ペテロを操って地球防衛軍の月面基地を破壊し、キリヤマとクラタをおびき出した。遠隔指示器でウルトラホーク1号の計器を狂わせたり、通信を妨害したりした。一度はクラタ隊長の銃を奪ったがキリヤマ隊長に正体がばれ、レーザー銃で撃たれて死亡した。

  • スーツアクター:鶴賀二郎
  • 名前の由来はフェデリコ・フェリーニ監督の映画『道』(1954年)に登場するアンソニー・クイン演じる大道芸人のザンパノから(資料によっては沖縄県の残波岬からという説もある)。
  • ヘルメス第3惑星とザンパ星との関係は劇中でははっきりとは語られていないが、恐らくキリヤマとクラタをはじめとする地球防衛軍とザンパ星人の宇宙船団との決戦場となったのがヘルメス第3惑星だと思われる。

月怪獣 ペテロ 編集

第35話「月世界の戦慄」に登場。

  • 身長:60メートル
  • 体重:7万トン

ザンパ星人に操られて月面基地を破壊した。ザンパ星人の断末魔で現れ、ウルトラホーク1号とステーションホーク2号を破壊しようとした。球体サボテンを寄せ集めたような姿で球体のうち一つに発光体があり、光弾を放ち、別の球体から水流を放つ。ぶよぶよした軟体動物のような体でセブンの打撃を吸収し、無力化した。月の夜の寒さに苦しむセブンに冷気や水流を浴びせたが、偶然落下した隕石の熱で回復したセブンの放ったワイドショットで大爆発した。

  • スーツアクター:鈴木邦夫
  • 名前の由来はキリストの12使徒の一人で第一使徒の「ペトロ(ペテロ)」から。
  • 過去の怪獣図鑑では写真ではなく、発光体が二つ描かれ、液体を放つ部分が中央に顔面になるように描かれた、本物と微妙に違うイラストが掲載されていた。
  • 大伴昌司監修の書籍にて、その形態を「ウンコ」の様だと表現されていた。

催眠宇宙人 ペガ星人 編集

第36話「必殺の0.1秒」に登場。

  • 身長:1.6メートル
  • 体重:56キログラム

アルファ・ケンタウリ第13惑星のペガ星から来た。ペガ星は大気が非常に薄く、酸素がうっすらと漂っているだけの星なのでペガ星人達は地球の気圧に耐えられない。そのため地球上では決して円盤から外に出ず、円盤内から多くの地球人を操っている。地球に太陽系征服のための基地を作ろうと画策し、それを決行するのに邪魔な人工太陽計画を妨害するためゼムラー教授を殺害。更に最高責任者であるリヒター博士の暗殺を企んだ。ヒロタ隊員を防衛軍の射撃大会の優勝と引き換えに催眠装置で操ってソガ隊員を円盤に監禁し、同じく催眠装置で操った。武器は特に無く、円盤を使って敵を攻撃する。だが結局作戦は失敗し、セブンの説得にも応じず最期は円盤内でエメリウム光線を受けて倒された。ペガ星人の遺体はその後風船のように膨らんでしまった。

  • 声の出演:辻村真人
ペガ円盤
内部に人間を操る催眠装置があり、外部からロケット弾や光線を発射する。ウルトラショットではビクともしない程頑丈だが、最期はワイドショットで墜落してペガ星人もろとも爆発した。

恒星間弾道弾 編集

マゼラン星が「狂った星」地球を破壊するために発射した超大型弾道ミサイル(厳密には巡航ミサイルに近い)。下手な円盤以上に巨大かつ強固で、地球防衛軍の要衝たる宇宙ステーションV2を体当たりで完全破壊して突破、ウルトラホーク1号・2号の集中砲撃をまったく受けつけなかった。しかし、セブンが内部に突入、機器を操作して間一髪のところで反転させることに成功。弾道弾は宇宙の彼方(おそらくは発射されたマゼラン星)へ飛び去っていった。

バンダ星人 編集

第38話「勇気ある戦い」に登場。

  • 身長・体重:不明

深刻な鉄不足に悩み、鉄の補給のためにクレージーゴンを連れて地球に来た。ラジオの『道路交通情報』を情報源に活動し、地上に濃霧を発生させて周囲から見えなくしてからクレージーゴン地上に送り込んで自動車を回収していた。ウルトラ警備隊によって偽の交通情報を流され、最新型のスペリウム爆弾を大量に搭載した自動車を採集してしまい、宇宙船もろとも爆破された。

  • なお、バンダ星人達は用心深いことで大変有名な宇宙人で(放映当時の雑誌設定)、本編中では姿を見せてはいない。ダンはバンダ星人の宇宙ステーションの存在を知っていた。

ロボット怪獣 クレージーゴン 編集

第38話「勇気ある戦い」に登場。

  • 身長:42メートル
  • 体重:3万トン

バンダ星人が鉄の補給のために地球へ連れてきた。普段は星人の宇宙船に連結されており、活動時に分離して地上に降りてくる。右手がシオマネキのような巨大なハサミになっており、それで車をつまみ上げて胸のシャッターから内部へ取り込む。ウルトラ警備隊の機転により宇宙船が爆破されるとコントロールを失って暴走し、手当たり次第に暴れまわった。最大の武器は頭部から放つ破壊光線。怪力でエメリウム光線やアイスラッガーさえ跳ね返す強靱な装甲を持つが、セブンの捨て身の体当たり攻撃で停止した。

  • 過去の設定資料集や怪獣図鑑などでは、名称が「きちがいロボット」とされている例があったが、「きちがい」が差別用語なので、現在は「ロボット怪獣」に変更されている。
  • ウルトラマンコスモス』にはリメイクキャラとしてクレバーゴンという小型ロボットが登場し、巨大化してクレージーゴンのような威容を見せた事もある。
  • 能力:狂った暴走

豪力怪獣 アロン 編集

第39話「セブン暗殺計画(前篇)」に登場。

  • 身長:45メートル
  • 体重:1万3千トン

ガッツ星人がセブンの能力をテストするために送り込んだ。ガッツ星人の円盤内のモニター映像らしき白黒の回想シーンで登場。怪力で岩を投げつける等の他、水たまりに身を隠す(透明化?)などの能力もある。背中に翼があるが劇中では飛行していない。噛ませ役と思われることも多いが、セブンのビームランプ(ウルトラマンカラータイマーに相当)を点滅させるなど、なかなか強いと思われる。セブンのアイスラッガーで首を切断されて倒された。ダンはアロンの名前を何故か知っていた。

  • スーツアクター:西京利彦

水棲怪人 テペト星人 編集

第41話「水中からの挑戦」に登場。

  • 身長:1.8メートル
  • 体重:55キログラム

地球侵略を狙い、円盤で地球に侵入して伊集湖の底に潜んでいた。姿は河童に似ており、その姿を利用して夜な夜な湖の周辺に姿を現しては住民を怖がらせて湖に人を近寄らせないようにし、湖の魚をほとんど食べてしまった。この話を聞きつけてやってきた「日本河童クラブ」に参加していたSF作家は「テペト星人こそ、河童そのものだ」という説を立てている。地球防衛軍のレーダーが円盤を捕捉してウルトラ警備隊が調査を開始したため本格的に行動を開始し、湖からテペトを出現させた。セブンにテペトが倒されて円盤で逃亡しようとしたが、ウルトラホーク3号に撃墜された。

なお、テペト出現前に4人程がフルハシ、アマギ両隊員に射殺されている。

  • テペト星は星全体が水で覆われており、テペト星人をはじめテペト星の生物は全て水棲生物である(しかしテペト星人達はかなり素早く地上で活動することができるため、水陸両生の宇宙人のようだ)。また、光の届かない暗い水中で暮らしていたため、主に昼間よりも夜間に活動することが多い(放映当時の雑誌設定)。
  • 桑田次郎が描いた漫画版ではテペト星人の目的は地球侵略ではなく、少数が水中で静かに生活させてほしかっただけだったが、上層部の命令でやむなく攻撃に出たウルトラ警備隊とセブンにテペトを倒されると、それ以上の争いを避けて別の住みかを探すため円盤で宇宙に去った。

カッパ怪獣 テペト 編集

第41話「水中からの挑戦」に登場。

  • 身長:38メートル
  • 体重:8千トン

テペト星人に操られ、伊集湖に現れた球体(卵と思われる)から姿を現した。河童に似ており、頭には皿がある。河童と同様に皿に水が入っている間は力を発揮し、水が無くなるとたちまち力を失ってしまう。エメリウム光線を皿に浴びせられて冷やしている場面があった。また、皿からは怪光線を出す。非常にずる賢く、セブンとの戦いでも降参する振りをして不意打ちをかけるなど卑怯な手を使った。最期は2度目の不意打ちをかけて水中に隠れたが、セブンの透視能力で見つけられてアイスラッガーで真っ二つにされた。

  • スーツアクター:春原貞雄
  • デザインは怪獣デザインコンクールの金賞を受賞した「回転サイボーグ デイクロス・レイザ」が元になっている。なお、元デザインでは一本足だった。

蛸怪獣 ガイロス 編集

第42話「ノンマルトの使者」に登場。

  • 身長:30メートル
  • 体重:1万トン

地球の先住民族を名乗るノンマルトに操られる怪獣。出現時はウルトラ警備隊にこの怪獣がノンマルトだと勘違いされていた。数多くの吸盤を具えたのような複数の足と怪力で簡単に船を沈めてしまう。一度ウルトラ警備隊の攻撃を受けるが死んだふりをしてやり過ごし、ノンマルトのグローリア号による地上総攻撃に伴って再び海上に現れた。複数の足でセブンに襲い掛かるが、最期はアイスラッガーで次々と足を切られて力尽きて海中に沈んだ。

  • 武器は足の吸盤に仕込まれた毒針(放映当時の雑誌設定)と足自体。
  • デザインは怪獣デザインコンクールの銀賞受賞作「ガイロス星人」が元になっている。
  • 『ウルトラセブン』の作品の中では珍しい地球生まれの怪獣である。

第四惑星人 編集

第43話「第四惑星の悪夢」に登場。

  • 身長・体重・能力:地球人とほぼ同じ

地球から約120億万キロ(劇中のセリフより。120兆と考えて差し支えない物と考えられるが、「億万長者」などの言葉の存在から誤解を生んで脚本に書かれてしまった事が伺える。)離れた第四惑星に住む宇宙人。容姿や能力は地球人とほぼ変わらないが文明は遥かに進んでおり、2000年前に人間のサポート役として開発したロボット達の反乱で人間とロボットの立場が逆転してしまい、労働のエネルギー源として扱き使われていた。そのため第四惑星人の多くはロボット達に怯えながら暮らしており、反乱を試みる者達は次々に捕らえられ処刑されていた。年々人口が減少し、向こう500年の間に絶滅してしまうという状況に陥ったため、ロボット達が地球を植民地にする計画を立案したが、セブンに阻止された。しかし、セブンはロボットたちの中央センターと侵攻軍団を破壊しただけで去ってしまい、その後第四惑星のロボットと人間たちがどうなったかは一切不明である。

なお第四惑星の事件に遭遇したダン・ソガ両隊員は、地球帰還後にその存在を訴えるが信じてもらえず、宇宙航行時の人工冬眠中に見た夢として処理された。よって、第四惑星存在の真偽は謎のままである。

  • 演:愛まち子(アリー。後述のロボット長官の秘書)

ロボット長官 編集

第43話「第四惑星の悪夢」に登場。

  • 身長:1.65メートル
  • 体重:160キログラム

"長官"と付くため、他のロボットのリーダー的存在と思われる。第四惑星のロボットは本来人間のサポート役として作られたが、その優秀さから瞬く間に人間を追い越し、ついに奴隷としてこき使うようになった。ところが計算の結果、第四惑星の人間が絶滅することが分かり、新しい奴隷として地球人に目をつけた。セブン=ダンの乗ったロケット・スコーピオン号をわざわざ第4惑星に誘導し、セブンが居ない間に地球侵略を画策したが失敗、逆に地球に向かっていた侵略部隊を含め壊滅させられた。普段は冷静なようだが、機械なので融通が利かず、コーヒーの味が記憶しているデータと多少異なるだけで「ぬるい!砂糖も多い!」と怒り、コーヒーを入れた秘書(人間)に罰を与える。後頭部がメンテナンス用の蓋になっており、この蓋を開けて、頭部に詰まっている機械に油を差す。彼の執務室は凄まじい奥行きを誇る。

ロボット署長 編集

第43話「第四惑星の悪夢」に登場。

ロボット長官の部下。通常は部下を随えて市中を警戒し、人間(第四惑星人)を抑圧している。特徴として何か食べているのか口から何時もコリコリという音を発する。武器として常に拳銃を携帯している。また、人間の死刑執行等の判断は彼がしていると思われる。死刑執行を妨害しようとしたダン・ソガ両隊員に対し、拳銃をソガに向け発砲、負傷させた。ダンにも銃口を向けるが、署長が撃ったと同時にセブンに変身、巨大化した。

サイケ宇宙人 ペロリンガ星人 編集

第45話「円盤が来た」に登場。

  • 身長:1.8メートル
  • 体重:80キログラム

地球侵略を狙い、大円盤群で地球を一気に制圧しようと考えた。円盤を強力な磁気と不透視バリアーで星にカモフラージュして各地の天文台や観測所に見えないようにし、難なく地球に侵入しようとしたが、アマチュア観測者には円盤に見えるようになっていた。少年に化けてアマチュア観測者の一人(フクシン三郎)に近づいて同志として取り込もうとするが、フクシンの3度目の通報時に声を出した事から怪しんだウルトラ警備隊がウルトラホーク1号で宇宙パトロールに出動した。円盤群はウルトラホーク1号の活躍によって撃墜され、セブンと戦闘していた1体もセブンの猛攻の前に敗れ去った。

  • 極彩色で知られるペガッサ星雲第68番ペロリンガ星出身で、体色は母星では保護色となっている(放映当時の雑誌設定)。なおペロリンガ星人は飛行能力はあるが巨大化能力は無く、ペガッサ星雲に母星があるとされているがペガッサ星人とは直接関係は無いようだ。
  • 声の出演:浦野光(テープの早回しで上ずった声に加工されている)
  • 着ぐるみは当初「ピニヤ水棲人」として造型されたものだが、番組終盤の予算難で、水を扱う特撮シーンに費用がかさむことからシナリオが没になり、頭部を変えサイケな色彩に塗り直されての登場となった。
  • 円盤はガラス製の灰皿を2枚貼り合わせて製作されたものである。
  • セブンとペロリンガ星人の戦闘は、入り乱れる円盤群と火花の中でのイメージのように描かれていて、ウルトラシリーズ中でも異彩を放った美しい戦闘シーンになっているが、詳しい戦況は描かれていない。

侵略星人 サロメ星人 編集

第46話「ダン対セブンの決闘」に登場。

  • 身長:1.9メートル
  • 体重:120キログラム

目的は地球侵略。地球人と同じ容姿で(変身している可能性もあるが、劇中で正体を現すシーンは無いので不明)、若い女性、老人男性、中年男性他の4人。武器は特に無いようだが、にせウルトラセブンを作れるほどの技術と科学力を誇っている。女性のサロメ星人がダンをアジトの灯台におびき寄せて門に仕掛けたショック光線を浴びせて監禁し、自白装置のトークマシンでウルトラビームの秘密(MGSH3GWFB1)を聞き出した。セブンとにせウルトラセブンが共に海中に沈んだ後、浮かび上がってきたセブンを「我等のセブン!」だと喜んだが実はそれが本物で、最期は本物のセブンに海の果てに連れて行かれ、円盤(水中翼船にカムフラージュされていた)ごと爆破された。

この回のダンはウルトラ・アイを車中に忘れたり、罠が仕掛けてあると思われる敵のアジトに何の躊躇もなく潜入しようとして簡単に捕まるなど、非常にうかつで軽薄な行動が多かった。

  • 演:嘉手納清美、高橋正夫
  • 名前は聖書に登場し預言者ヨハネを死に追い込んだ妖婦サロメに由来すると思われる。
  • 一峰大二による漫画版では、テレビ版では見せなかった本来の星人としての容姿を見せている(女性の星人のみテレビ版と同じ)。

ロボット超人 にせウルトラセブン 編集

第46話「ダン対セブンの決闘」に登場。

  • 身長:40メートル
  • 体重:3万5千トン

サロメ星人が地球侵略のためにセブンに似せて作り上げたロボットで、これを完成させるために彼らはダンからウルトラビームの秘密を自白装置を使って聞き出した。これにより、にせウルトラセブンは本物以上の力を持ったとサロメ星人達は信じた。外見は概ねセブンにそっくりだが、ロボットと言うこともあって腰や手足の関節部などにプロテクターがついているように見える。注視すれば分かりそうなものだが、地球防衛軍とアギラは気付かなかったようである(もっともサロメ星人自身、終盤では本物と偽物との区別が付いていなかった)。アギラを軽く翻弄したが、本物のセブンには勝てなかった。

  • 本物のセブンがこの回でしか使わなかった光線技をにせウルトラセブンも使っていたことから、ウルトラビームとは、セブンが使うあらゆる光線技のことを指していると思われる。また、敵がセブンにそっくりということもあってか、この回に登場したアギラからは戦意がほとんど感じられず、終始やられっぱなしだった。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はウルトラセブンの登場怪獣にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。