FANDOM


アボラスは、特撮テレビ番組『ウルトラマン』を始めとするウルトラシリーズに登場する、架空の怪獣。別名「青色発泡怪獣」


『ウルトラマン』に登場したアボラス 編集

特撮テレビ番組『ウルトラマン』第19話「悪魔はふたたび」(1966年11月20日放送)に登場。

  • 身長:60メートル
  • 体重:2万トン
  • スーツアクター:中村晴吉

3億5000年前の古代人に青い悪魔と恐れられ、液化されてカプセルに封じ込まれていた青い古代怪獣。巨大な頭部が特徴である。工事現場で発掘され調査のために運ばれた鉱物試験所で10万ボルトの電気ショックを受けて復活。先に復活した怪獣バニラ国立競技場(作中ではオリンピック競技場と呼称)で戦った。から泡状の溶解液を吐き科学特捜隊の攻撃で弱ったバニラを倒し、その後ウルトラマンと対決した。得意の溶解泡でウルトラマンすら溶かそうとするが、失敗。最後はウルトラマンのスペシウム光線3連発で倒された。

  • レッドキング着ぐるみを改造した怪獣で、その後、再度頭部を改造されて2代目レッドキングの着ぐるみになった。
  • 名前の由来は「泡」+「ラス」であるとも「青」+「ラス」であるとも言われている。
  • 第26話「怪獣殿下(前篇)」では少年のイメージで登場した。(イラスト)

『ザ☆ウルトラマン』に登場したアボラス 編集

テレビアニメ『ザ☆ウルトラマン』第27話「怪獣島浮上!!」に登場。

  • 身長・体重:初代と同じ

怪獣墓場で眠っていた個体を、バラドン星人によりアーストロンゴーストロンゴキネズラレッドキングバニラと共に蘇生させられた上で怪獣島に収容されて地球へ送られた。武器は『ウルトラマン』登場時と同じで、肩に角が生えているところが初代とは違う。「ウルトラマン」の時と同じくバニラと激しく戦ううちに、ゴキネズラとも戦う。さらに、その3体でレッドキングと戦闘中のジョーニアスを襲撃して3体とも倒されてしまう。

『ウルトラマンパワード』に登場したアボラス 編集

特撮テレビ番組『ウルトラマンパワード』第9話「復活! 二大怪獣」(米国版サブタイトル:TAILS FROM THE CRYPTS)に登場。

  • 身長:65メートル
  • 体重:3万トン

「青い悪魔」として恐れられており、3000年余りの間、古代人が作り上げた棺の中に封印されていた怪獣。だが、この棺が納められていた洞窟に入った学生のカメラのフラッシュにより、覚醒。現代に復活した。かつての初代と同様に、最大の武器は溶解性の強い泡。同じく現代に再生したバニラを得意の溶解泡で一度は倒すものの、メガスペシウム光線の前に敗れ去った。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はアボラスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。